日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 淡路国 >> 洲本城

洲本城

洲本城(淡路国/兵庫県)

洲本城は永正年間に紀州・熊野水軍の安宅氏が大阪湾を抑えるために築城したのが始まりと言われる。その後、天文年間には阿波の三好氏の三男・冬康が安宅氏の養子となり、三好氏の支配下に入った。
永禄7年(1564)に冬康は兄・長慶に暗殺されると、長子の信康、次子の清康が跡を継いだ。天正9年(1581)には織田信長の命を受けた羽柴秀吉が淡路を討伐し、清康は降伏したが所領を没収された。
翌天正10年に仙石秀久が城主となり、対四国戦の最前線の役割を果たした。同13年に四国攻めが完了すると秀久は讃岐へ転封となり、代わって脇坂安治が城主となった。現在見られる山上の石垣はこの時期に築かれたものである。
安治は関ヶ原合戦では東軍につき徳川政権下でも淡路を領したが、慶長14年(1609)に伊予大洲へ転封となった。かわって播磨姫路の池田氏の領地となり、池田氏は洲本城を廃城とし由良城に拠点を移した。
元和元年(1615)に淡路は阿波の蜂須賀氏の領地となり、以降幕末まで蜂須賀氏が治めた。寛永8年(1631)に由良城は廃され、再び洲本城が使用された。ただし山上は使用されず、山麓部に居館などが建てられた。

(2009/2/7 作成)



洲本城のみどころ
大手口
洲本城 大手口
馬屋跡
洲本城 馬屋跡
東の丸
洲本城 東の丸
南の丸
洲本城 南の丸
本丸大手
洲本城 本丸大手
天守
洲本城 天守
本丸搦手
洲本城 本丸搦手
山麓部
洲本城 山麓部
移築御殿(洲本八幡神社)
洲本城 移築御殿(洲本八幡神社)

城内地図(別窓)


淡路国の城
洲本城

兵庫県の城
洲本城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
洲本城 大手口

大手口

大手口手前のようす

洲本城 馬屋跡

馬屋跡

馬屋跡からの眺め。瀬戸内の海が手に取るように見える。

洲本城 東の丸

東の丸

大手口から見る東の丸石垣

洲本城 南の丸

南の丸

南の丸隅櫓跡の石垣

洲本城 本丸大手

本丸大手

本丸大手付近石垣。立派な石垣が残る。

洲本城 天守

天守

現在は天守展望台が建っている。

洲本城 本丸搦手

本丸搦手

搦手を天守台から。石垣で通路を折り曲げ守りを堅固にしている。

洲本城 山麓部

山麓部

水堀と櫓台石垣。山麓部は寛永8年(1631)に築かれた。

洲本城 移築御殿(洲本八幡神社)

移築御殿(洲本八幡神社)

洲本八幡神社の玄関。かつての洲本城内の建物と伝わる。何度かの移築で改変された部分もあるが、内部は往時の姿を伝える。


▼洲本城付近の地図


大きな地図を見る

▼洲本城が載っている本
▽よみがえる日本の城(13) 高松城・高知城

▽戦国の山城をゆく―信長や秀吉に滅ぼされた世界

▽Discover Japan 2013年6月号

▽関西の城―あっぱれ!愉快な城と城下町遊び

▽司馬遼太郎と城を歩く

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(西国編)

▽よみがえる名城 漆黒の要塞 豊臣の城

▽図説縄張のすべて

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 淡路国 >> 洲本城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集