日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 備後国 >> 三原城

三原城

三原城(備後国/広島県)

三原城は、毛利元就の三男・小早川隆景が永禄10年(1567)に築いた城である。城は瀬戸内海に面し、水軍の船を城内に格納することができた。これにより、三原城は瀬戸内の制海権を握るための拠点となった。
関ヶ原合戦後には安芸・備後には福島正則が入り、三原城には子の正之を配した。以降、浅野氏時代も含め、江戸時代を通じて安芸広島城の支城の役割を果たした。
現在は城は天守台等を除いて残存しない。現在は城内に三原駅があり、天守台には三原駅から入る構造になっている。

(2008/7/10 作成)



三原城のみどころ
天守台
三原城 天守台
船入櫓跡
三原城 船入櫓跡
本丸中門
三原城 本丸中門


備後国の城
福山城
三原城

広島県の城
広島城
吉田郡山城
亀居城
五龍城
吉川元春館
小倉山城
福山城
三原城

[日本の城 写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
三原城 天守台

天守台

天守台石垣の規模は日本一と言われる。

三原城 船入櫓跡

船入櫓跡



三原城 本丸中門

本丸中門

本丸中門付近


▼三原城付近の地図


大きな地図を見る

▼三原城が載っている本
▽よみがえる日本の城(7) 広島城・福山城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(西国編)

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 備後国 >> 三原城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集