日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)

▼推薦図書 - 全国の城紹介本 -
北海道から沖縄まで日本全国に城は存在したが、ここに挙げた本は全国津々浦々の本を紹介した本である。(といっても、全ての本が北海道から沖縄までの日本全域を網羅している訳ではないので注意されたい)
紹介の切り口は様々で、城歩き、古写真、合戦、都道府県ベスト10…など、どれも面白い。気になる切り口の本があったら、是非手に取っていただきたい。

47都道府県 よみがえる日本の城
2017/9/16発行

城の往時の姿を精密なカラーイラストで完全復元した本。著者は城イラストの第一人者・香川元太郎先生。イラストで見て楽しい城がチョイスされている。
ハンドブック 日本の城
2016/7/8発行

城めぐり手帖「現存天守編」~自分だけのトラベルノート
2016/10/18発行

「現存」12天守めぐりの旅: 歴史ある国宝・重文のお城をたずねる
2014/4/22発行

[Amazonから引用]現存12天守の見どころとめぐり方を通して天守のすべてがわかる。ビギナーはもちろん、城ファンも改めて城の魅力を学び直せる1冊。天守鑑賞のコツ、天守の誕生と変遷、現存だけでないオススメ天守など、解説やコラムも充実のオールカラーガイド。
天守はお城のシンボルです。「現存」最古の天守は400年余の時を超えて今なお健在です。至宝の「現存」12天守を城メグリストとめぐる旅へどうぞ。
江戸全170城 最期の運命 幕末の動乱で消えた城、残った城
2014/4/17発行

[Amazonから引用]大ベストセラー『江戸三〇〇藩 最後の藩主』著者が「ふるさとの城」の興亡をもれなく解説!この一冊で「城」の歴史がわかれば、日本史が10倍面白くなる!築城の名手「黒田官兵衛」も登場!
探訪 日本の名城 下-戦国武将と出会う旅
2014/2/21発行

探訪 日本の名城 上-戦国武将と出会う旅
2013/11/25発行

[Amazonから引用]夕刊フジ(産経新聞社)にて大好評連載中の 「探訪 日本の名城」に、新たな記述を加えフルカラーにて単行本化しました。興味を持ち始めた入門者からマニアの人まで、気軽に読めて知識も身につく、お城紹介本の決定版!!◆
知れば知るほど面白い日本の城20
2012/11/5発行

[Amazonより引用]義を貫くのか敵に寝返るのか、栄達か没落か―。城には命を懸けた戦いの歴史と、人々の人生が詰まっています。本書では、日本の20の城にまつわる話をわかりやすく紹介。「たった六年ではかなく消えた安土城」といった有名エピソードから「食料を絶たれ地獄絵図と化した鳥取城」といったぞっとする話まで、臨場感あふれる描写で解説します。城がもっと好きになる一冊。
全国 城攻め手帖
2012年1月20日発行

日本全国の城巡りを楽しむための本。各国の地図と代表的な城の縄張り図が掲載され、地図には城の分布図や有名な戦いが繰り広げられた場所が示されている。また、城を訪れた日(攻城日)や攻城日誌を記入する欄もあり、城巡りを楽しむための工夫が散りばめられている。
直伝 和の極意 体感・実感!にっぽんの名城
2011年1月1日発行

2011年1月から3月にかけてNHKで放送された番組「趣味工房シリーズ 直伝 和の極意」シリーズの「体感・実感!にっぽんの名城」の公式テキスト。講師は千田嘉博氏、アシスタントは歴史アイドルの美甘子さん。番組ももちろん面白いのだが、このテキストには番組では放送しなかった事も記載されており、テキストを読むだけでも楽しめる。

日本の名城城攻めガイド―「城攻め」=城を楽しむ!攻めたくなる名城50を徹底
2010年7月20日発行

現在の城・城跡を訪問する際に楽しむポイントを解説した本。城への訪問=城攻めと置き換え見どころを紹介する。取り上げられている城は50城で、他に実際に行われた攻城戦についての記載もある。
関西の城―あっぱれ!愉快な城と城下町遊び
2010年5月25日発行

[Amazonから引用・抜粋]ヒット御礼! 歴史×街歩きシリーズ、最新版の登場です。『関西の寺』に続き今回はずばり歴女や大河ドラマ、戦国ブームひっくるめて面倒みましょ! なお城がテーマ。姫路城、大阪城や彦根城といった名城は勿論、城跡の楽しみ方や、注目すべき文化財もたっぷり紹介。
日本の名城 都道府県別ベスト10
2010年1月10日発行

[Amazonから引用]村の城から天下人の城まで、お城は日本全国には四万以上あるともいわれている。歴史性・残存度・縄張り・シンボル性・交通アクセス・登城難易度をものさしとして、歴史の宝庫であるお城の都道府県別ベスト10を初めて掲載!また、お城を構成している石垣・櫓・虎口・塀・土塁など10の遺構パーツもランク付けし、見所が一目でわかる。本書を片手に訪ねれば、お城の特長が体感でき、歴史がもっと楽しく、面白くなる。
  城郭絵図面付き 日本の名城
2009年10月13日発行



日本の城
2009年10月10日発行

城郭研究で有名な中井均氏の著書。日本全国の名城127城の見どころが紹介される。写真が豊富に使われているのと、古地図が収録されているのが特徴。

名城と合戦の日本史
2007年5月発行

城にまつわる合戦のエピソードを集めた本。エピソードはおおよそ年代順に書かれ、戦国時代の合戦が主だが、最後には箱館戦争、西南戦争まで収録される。
日本の城郭を歩く
2006年1月発行

この本のサブタイトルは「古写真が語る名城50」だが、まさにこの本の特徴を表している。古写真が多数収録され、それによりかつての城の姿を見ることができる。またその写真がどの方角から撮られたものか、地図を使っての説明もなされ、丁寧で分かりやすい。古写真だけでなく、カラーの現状を撮影した良質な写真も収録されている。
日本の城ハンドブック―歴史ファンのための古城・名城事典
2005年10月発行

三省堂ハンドブックシリーズの一冊。奈良時代に東北時代に築かれた「柵」から幕末の城まで、幅広く約380城を紹介。巻末に城郭用語小事典も収録する。
中世・戦国・江戸の城―城の見どころはここだ
2004年9月発行

日本全国、北海道から沖縄にかけて存在する各城について解説する本。ふんだんに写真が取り入れられている。


▼他の推薦図書
城の入門書  ▽日本百名城  ▽城の本上級編  ▽天下人・大名と城  ▽全国の城紹介本  ▽各地方・地域の城の本
戦国の城・土の城  ▽リファレンス本  ▽城の紀行本  ▽城写真の本  ▽雑誌の城特集  ▽城のムック
「山城ベスト50を歩く」シリーズ  ▽「廃城をゆく」シリーズ  ▽「新版 名城を歩く」シリーズ
「名城物語」シリーズ  ▽歴史REAL  ▽学研「よみがえる日本の城」シリーズ

画面サイズは 1024x768以上を推奨いたします。

Copyright(C) 2007-2016 日本の城写真集

ご意見・ご感想・ご指摘・苦情などのメールはこちらまで: castle@keisuke.sakura.ne.jp
(@を大文字にしています。メール送信時にはご注意ください)