日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)

▼推薦図書 - 城のムック -
歴史REAL 山城を歩く
2017年12月16日発売

YUCARI vol.26 日本の城
2016年5月20日発売

日本の伝統文化や生活習慣から城に迫る。現代でも城を守り、造り、直す人々の特集が特に興味深い。表紙の高知城、宇和島城、松江城の写真は私が撮ったものです。
蘇る城
2015年10月14日発売

[Amazonから引用]2015年6月、豊臣秀吉が築城した指月伏見城の遺構が420年のときを経て初めて出土し、今後の発掘調査に注目が集まっています。指月伏見城のように、存在が謎に包まれた城はほかにもあり、半世紀以上にわたって現在も発掘調査が継続されています。かつては栄華を極めた城の姿を、発掘調査や復元、古写真、復元CGなどで蘇らせるムック企画です。◆
絶景の城めぐり
2015年7月30日発売

[Amazonから引用]人気城郭のみどころ、歴史、ウンチクまでしっかりフォローした城入門書の決定版。松江城、姫路城をはじめ、今にその絶景天守を残す城をはじめ、竹田城跡に代表される天空の城々、さらには大阪城の出城であった真田丸の情報まで、美しい再現イラストなども交えて徹底紹介。また、城見学の前後に訪れたい名物グルメ店やショップ情報も、分かりやすい地図付きでしっかりガイド。この1冊に、城ガイドと観光ガイド、2つのエッセンスが詰まっています。
別冊Discover Japan 再入門 オトナのための城
2015年6月19日発売

[Amazonから引用]幾重にも重ねられた天守、堅牢さを象徴する石垣、巧妙に張り巡らされた縄張り……。城には見るべきポイントがあり、それを知ることで、城めぐりが楽しくなります。本書は城の構造、建築方法、合戦時の防御方法など、当時どのように考えられ、つくられていたのか、城の見方が一からわかる入門書です。大人になった今、改めて城について学びましょう。
戦国の城を攻める!
2014年5月26日発行

Discover Japan 2013年 06月号
2013年5月7日発売

『ニッポンの城 大図鑑』と銘打たれた城の特集。綺麗で大きな写真と豊富なイラストで魅せる。冒頭の城好き著名人4名のインタビューに始まり、三浦正幸氏監修の「だからスゴイ!ニッポンの城」で城の見方の紹介が続く。さらに姫路城・江戸城などを「徹底解剖!超定番の城はこう見る!」で解説。復元中の名古屋城本丸御殿や城の本の紹介、いま見ておくべき城100など続き、最後に沖縄の首里城、北海道の五稜郭が紹介される。たっぷり168ページ城を堪能できる。

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり
2013年3月25日発行

[Amazonから引用]日本全国の古城・古戦場を松平定知さんとめぐる1冊。当時の古戦場をCGでリアルに再現し、歴史的背景や廃城後の変遷などを詳しく解説。散策ガイドとしても便利。国宝4城を含む、現存天守解説付き。
お城の手帖 戦国武将編
2012年8月20日発行

戦国武将と城の関係を焦点に当てた本で、巻頭の特集は加藤清正と熊本城である。熊本城を石垣、本丸御殿、西南の役といった切り口で見るとともに、櫓や門、城の構造から熊本城の防御についても知る事ができる。また、熊本県に点在する城の紹介もあり、熊本城を訪れた後に他の城を巡る際の参考になる。その他、真田氏と伊達政宗が特集されている。巻末には南関東の153城の紹介がなされている。

お城の手帖
2012年1月15日発行

「ニッポンのお城に会いに行く!」というサブタイトルが付けられたムック。平成の大修理中の姫路城、山陰の雄・尼子氏の本拠である月山富田城の特集を筆頭に、巻末には滋賀県の125城の特集が組まれている。2011年に発生した東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の城の特集もあり、見どころや被害状況の有無の紹介が載っている。

ニッポンの城 戦国武将と城
2010年1月25日発行

Real Design 2009年9月号「世界が注目するニッポンの城」をベースとした城に特化した本。内容は前述の著書と重複する部分が多いが、新たなページも加えられている。今から購入するのであれば、こちらを購入したほうが良いだろう。

Real Design 2009年9月号「世界が注目するニッポンの城」
2009年7月16日発行

城をデザインの切り口で見た雑誌。「世界が注目するニッポンの城」という副題で、白い城・姫路城と黒い城・熊本城の対比を中心に、城の細部のデザインにまで着目した内容となっている。城をデザインの観点で深堀した本は珍しく、非常に興味深く読める。また『城』という題材がデザイン雑誌に掲載されるということは、城がそれだけデザインの観点からも魅力的であることを表している。

戦国武将ぴあ ゆかりの地と城をめぐる旅
2009年9月10日発行

[Amazonから引用]戦国武将ゆかりの地を網羅した旅行ガイドブック。武将を中心に歴史の流れを分かりやすく解説しているためマニアだけでなく初級者の方も楽しめる1冊!!
▼他の推薦図書

城の入門書  ▽日本百名城  ▽城の本上級編  ▽天下人・大名と城  ▽全国の城紹介本  ▽各地方・地域の城の本
戦国の城・土の城  ▽リファレンス本  ▽城の紀行本  ▽城写真の本  ▽雑誌の城特集  ▽城のムック
「山城ベスト50を歩く」シリーズ  ▽「廃城をゆく」シリーズ  ▽「新版 名城を歩く」シリーズ
「名城物語」シリーズ  ▽歴史REAL  ▽学研「よみがえる日本の城」シリーズ

画面サイズは 1024x768以上を推奨いたします。

Copyright(C) 2007-2016 日本の城写真集

ご意見・ご感想・ご指摘・苦情などのメールはこちらまで: castle@keisuke.sakura.ne.jp
(@を大文字にしています。メール送信時にはご注意ください)