日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)

▼推薦図書 - リファレンス本 -
ここに載せたのはいずれも分厚く内容豊富な本で、日本全国津々浦々の城の情報が載っている。もちろん先頭から順に読むのも楽しいが、一冊本棚に入れておいて分からない城、知りたい城があった際に引けると嬉しい。中には発行から時間の経っている本もあるが、今現在でも通用する内容であることが多い。また非常に多くの城が収録されているということは、「こんな城があったのか」という新たな発見も多いのが楽しい。
なお、ここに載せた本は日本全国を網羅するものであって、それとは別に各都道府県や地方の城本も多く出ているので、併せて読まれることをお勧めする。

完本 【決定版】 図説 江戸三百藩「城と陣屋」総覧
2013/8/28発行

[Amazonより引用]「江戸三百藩」すべての近世城郭と陣屋計335を紹介!北海道から沖縄まで47都道府県の城と陣屋を、所在地・歴代領主と家紋・歴史・アクセス・地図など充実のデータとともに掲載した全国ガイドの決定版!
(2006年発行の東国編・西国編を一冊にした完本版)
図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)
2006年6月発行

「よみがえる日本の城」シリーズの続編で、幕末に存在していた城・陣屋、幕府直轄城等を完全に収録した本。東国編、西国編の2冊からなる。大き目の写真を使って城を紹介しているのが特徴で、実際に城を訪れなくても目で見て楽しむことができる。
図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)
2006年6月発行

「よみがえる日本の城」シリーズの続編で、幕末に存在していた城・陣屋、幕府直轄城等を完全に収録した本。東国編、西国編の2冊からなる。大き目の写真を使って城を紹介しているのが特徴で、実際に城を訪れなくても目で見て楽しむことができる。
日本の名城・古城事典

1989年3月20日発行
47都道府県にある城のそれぞれの歴史を記した本。「城はそれぞれの地域の歴史の象徴である」一言が監修の辞に書かれているが、まさにこの本を的確に表している。発行は古いが、記載されているのは城の歴史が中心なので、今でも十分楽しめる一冊である。

藩と城下町の事典―国別
2004年9月発行

江戸時代に設けられた藩を網羅し、その藩と城下町の歴史について書かれた本。著名な城下町については、「小江戸紀行」という解説のページがあり、城下町の今の姿が分かる。

ビジュアル・ワイド 日本の城
2005年2月発行

何と2252城も紹介されている城の辞典とも言うべき本。うち解説つきの城は約500城。写真も全てカラーである。


▼他の推薦図書
城の入門書  ▽日本百名城  ▽城の本上級編  ▽天下人・大名と城  ▽全国の城紹介本  ▽各地方・地域の城の本
戦国の城・土の城  ▽リファレンス本  ▽城の紀行本  ▽城写真の本  ▽雑誌の城特集  ▽城のムック
「山城ベスト50を歩く」シリーズ  ▽「廃城をゆく」シリーズ  ▽「新版 名城を歩く」シリーズ
「名城物語」シリーズ  ▽歴史REAL  ▽学研「よみがえる日本の城」シリーズ

画面サイズは 1024x768以上を推奨いたします。

Copyright(C) 2007-2016 日本の城写真集

ご意見・ご感想・ご指摘・苦情などのメールはこちらまで: castle@keisuke.sakura.ne.jp
(@を大文字にしています。メール送信時にはご注意ください)