日本の城写真集

日本の城写真集

鶴ヶ岡城

(出羽国(羽前)/山形県)

  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

かつては大宝寺城と呼ばれ、鎌倉時代から庄内平野を支配した武藤氏の本拠地であった。
戦国時代の末期の天正15年(1587)には、越後上杉氏の配下で村上城主の本庄繁長の攻撃を受け武藤氏は滅亡し、大宝寺城は上杉氏の属城となった。
上杉氏は関ヶ原合戦に敗れ庄内を没収され、かわりに最上義光の領地となった。最上義光は大宝寺城を改修し、名を鶴ヶ岡城と改めて自らの隠居城とした。
やがて最上氏が改易されると、酒井氏が入国し幕末まで城主を務めた。明治維新により廃城され、現在は堀と土塁等が残り、本丸は庄内神社となっている。

かつては大宝寺城と呼ばれ、庄内平野を支配した武藤氏の本拠地であった。天正15年に越後上杉氏の攻撃を受け武藤氏は滅亡、さらに上杉氏は関ヶ原合戦に敗れ、最上義光の領地となった。義光は城の名を鶴ヶ岡城と改めて自らの隠居城とした。

(2008/7/16 作成)

公式動画チャンネル

見どころ

鶴ヶ岡城

鶴ヶ岡城

水堀

到道館

到道館

九代藩主の酒井忠徳公が文化二年(1805)に建てた藩校。

到道博物館

到道博物館

御隠殿(藩主の隠居所)。文久三年(1863)の立てられたもの

鶴ヶ岡城付近の地図

鶴ヶ岡城が載っている本

よみがえる日本の城

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top