志苔館 | 日本の城写真集

志苔館 | 日本の城写真集

志苔館

蝦夷地北海道 / 収録写真枚数:37枚

  • 志苔館 館の入口
  • 志苔館 二重空堀
  • 志苔館 館の周囲の土塁
  • 志苔館 館内
志苔館の写真撮影スポット紹介

志苔館は函館当方の海岸沿いに築かれた城である。海岸沿いには位置するが、標高は約25メートル程度ある。 館は基本的には一重の堀に囲われているが、正面には二重の空堀が設けられているのが特徴である。
この城は本州から蝦夷に移住した小林家が城主を務めていた。しかし康正二年(1456)に城主小林良景とアイヌとの間で衝突が発生し翌年落城した。その後小林家が城主に復帰したが、また永正九年(1512)にも戦があり、城主の小林良定が戦死したと伝わる。この後、小林家は松前の蠣崎家を頼り、志苔館は廃城となった。

志苔館は函館当方の海岸沿いに築かれた城。海岸沿いには位置するが、標高は約25メートル程度ある。館は基本的には一重の堀に囲われているが、正面には二重の空堀が設けられているのが特徴。この城は本州から蝦夷に移住した小林家が城主を務めていたが、アイヌとの間で衝突が発生し落城し、廃城となった。

(2012/8/11 作成)

志苔館付近の地図

志苔館が載っている本

続日本100名城公式ガイドブック

おすすめの本一覧へ
Page Top