日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

戦国時代の桑名は豪族・伊藤氏の支配下にあり、現在の桑名城の位置には東城があった。織田信長が伊勢を平定すると滝川一益が当地を治めた。信長の死後は一柳氏、氏家氏が支配した。氏家氏は関ヶ原合戦で西軍に付き改易され、後任には徳川四天王の一人・本多忠勝が入封した。忠勝は城を拡張し、東海道を扼する要衝にふさわしい近代城郭とした。本多氏は忠勝の次代・忠政が姫路へ転封となり、代わって松平氏が入封した。戊辰戦争の際には桑名藩は幕府側につき、新政府軍の攻撃を受け降伏し、このとき桑名城は焼失した。

関ヶ原合戦に徳川四天王の一人・本多忠勝が入封した。 忠勝は城を拡張し東海道を扼する要衝にふさわしい近代城郭とした。代わって松平氏が入封したが、戊辰戦争の際には桑名藩は幕府側につき、新政府軍の攻撃を受け降伏し、城は焼失した。

(2009/2/22 作成、2013/7/7更新)

公式動画チャンネル

桑名城付近の地図

桑名城が載っている本

よみがえる日本の城

日本の城郭を歩く―古写真が語る名城50

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

三重の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top