日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
見どころ紹介

長篠城は寒狭川と宇連川の合流地点に築かれた城である。両川に面する部分は断崖になっている。永正5年(1508)に今川氏の家臣・菅沼元成が築いたものと言われる。
長篠城は今川義元の死後は徳川家康の支配下にあったが、元亀2年(1571)に武田氏の支配下に入り、その後再度徳川家の支配下に入った。天正3年(1575)には武田氏に城を包囲されるが、城主の奥平貞昌は城を何とか死守し、その間に報を受けた徳川・織田の連合軍が長篠城救援へ向かった。これにより武田軍と徳川・織田軍が衝突し、戦ったのが長篠の戦いである。戦の結果武田軍は敗れ、勢力が衰退し滅亡へと向かった。戦いの翌年の天正4年(1576)には長篠城は廃城され、新城に新たな城を築き移転した。

日本百名城。長篠城は寒狭川と宇連川の合流地点に築かれた城。今川義元の死後は徳川家康の支配下にあった。天正3年には武田氏に城を包囲され、徳川・織田の連合軍が長篠城救援へ向かい、武田軍と衝突したのが長篠の戦いである。

(2008/11/4 作成)

公式動画チャンネル

長篠城付近の地図

長篠城が載っている本

戦国武田の城

廃城をゆく

廃城をゆく3

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

愛知の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top