日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 美濃国 >> 大垣城

大垣城

大垣城(美濃国/岐阜県)

大垣城は牛屋河岸に建てられた平城で、天文4年(1535)に宮川安定によって築かれたのが始まりと伝わる。永禄2年(1559)には美濃三人衆の一人・氏家直元(卜全)が城主となり、城を拡張した。
天正13年(1585)に豊臣秀吉は一柳直末を城主に任じ、この時天守が築かれた。直末は天正18年(1590)の関東北条氏との戦いで戦死し、かわって伊藤祐盛が城主となった。祐盛は慶長4年(1599)に死去し、子の盛正が継いだ。
翌年の関ヶ原合戦では盛正は西軍につき、城を石田三成に提供した。三成は大垣城に西軍の拠点を置き戦況を見守るが、東軍が迫ると軍を大垣城から関ヶ原に移し、決戦を挑んだのである。大垣城には城将として福原長堯が配されたが、決戦で西軍が敗れると城は東軍の包囲を受け、籠城軍が相次いで東軍に内応し落城した。
関ヶ原合戦後には家康の重臣・石川家成の子である康通が封じられた。康通は父に先立って他界したため家成が再度藩主となり、さらに外孫の忠総が継いだ。大坂の陣で武功を挙げた忠総は元和2年(1616)に加増転封となり、松平氏、岡部氏、松平氏の順で藩主となった。寛永12年(1635)には戸田氏鉄が当地に封じられ、以降幕末まで戸田氏の支配が続いた。
天守は明治維新でも取り壊されることは無かったが、太平洋戦争時の空襲により焼失し、現在建つ天守は戦後の昭和34年に復興されたものである。

(2009/5/17 作成)



大垣城のみどころ
城外から
大垣城 城外から
西門
大垣城 西門
戌亥櫓
大垣城 戌亥櫓
水之手門跡
大垣城 水之手門跡
丑寅櫓
大垣城 丑寅櫓
東門
大垣城 東門
本丸
大垣城 本丸
天守
大垣城 天守
大手門跡
大垣城 大手門跡
移築城門(平林荘正門)
大垣城 移築城門(平林荘正門)

城内地図(別窓)


美濃国の城
大垣城
岐阜城
岩村城
苗木城
妻木城
多羅城
竹中陣屋
郡上八幡城
篠脇城
加納城
黒野城
金山城
墨俣城

岐阜県の城
松倉城
高山城
帰雲城
荻町城
大垣城
岐阜城
岩村城
苗木城
妻木城
多羅城
竹中陣屋
郡上八幡城
篠脇城
加納城
黒野城
金山城
墨俣城

[日本の城 写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
大垣城 城外から

城外から



大垣城 西門

西門

復元された建物。

大垣城 戌亥櫓

戌亥櫓



大垣城 水之手門跡

水之手門跡



大垣城 丑寅櫓

丑寅櫓



大垣城 東門

東門

東門。この位置には元は多少姓多聞櫓があった。

大垣城 本丸

本丸

本丸内の石垣。大垣城の石垣は石灰岩でできており、城の北西4km程の距離にある金生山から切り出された。

大垣城 天守

天守

天守は明治維新でも取り壊されることは無かったが、太平洋戦争時の空襲により焼失し、現在建つ天守は戦後の昭和34年に復興されたものである。

大垣城 大手門跡

大手門跡



大垣城 移築城門(平林荘正門)

移築城門(平林荘正門)




▼大垣城付近の地図


大きな地図を見る

▼大垣城が載っている本
▽廃城をゆく2

▽よみがえる日本の城(16) 大垣城・津城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽日本の城郭を歩く

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(東国編)

▽岐阜の山城ベスト50を歩く

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 美濃国 >> 大垣城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集