日本の城写真集

日本の城写真集

安土城

(近江国/滋賀県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

安土城は織田信長が築いた城で、築城は天正4年(1576)に始まり、築城奉行は重臣の丹羽長秀が務めた。天正7年(1579)に天守が完成し、信長はこの時岐阜城から本拠を移した。
当時は城の三方は琵琶湖に囲まれ、琵琶湖に突出する山に城が築かれた形であった。そのため、琵琶湖の水運を利用でき、上京の際にも迅速に移動することができた。城の郭には重臣らの屋敷を配し、守りを固めた。また大手道の下半分は一直線になっており、通常城は敵の通行を阻むようにするのが構造の基本なので珍しい。ただし大手道のうち城の中心部付近では屈折し守りが固い。また山上には五層七階の天主が建てられ、そこに信長自身が居住するなど、独特な構造であった(通常城主は天守ではなく御殿に居住する)。
天正10年(1582)に信長が本能寺の変で死去すると、安土城は明智光秀に占拠された。しかし、光秀は羽柴秀吉と戦って敗れ、その際に何者かによって城に火がかけられ、天主は焼失した。その後、信長の子・信雄らが城主となるが、天正12年(1584)に廃城となった。

日本百名城。織田信長が築いた城で、天正7年に天守が完成し岐阜城から本拠を移した。当時は城の三方は琵琶湖に囲まれ、湖に突出する山に城が築かれた形であった。天正10年の本能寺の変の際に天主は焼失し、天正12年に廃城となった。

(2009/7/5 作成、2018/2/23 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

大手門

大手門

大手門を通る道。この道を進むと、料金所に至り、その先に有名な直線状の大手道石段が待つ

大手門右手

大手門右手

大手門右手のようす。大手門の左右には数段の郭が設けられている。また大手門右手の山肌には二段の石垣が築かれている。

大手門左手

大手門左手

大手門は合計4つあり、身分によってどの門を通るのか使い分けられたと言う。

大手道直線部

大手道直線部

真っ直ぐに伸びる大手道。城の中の通路が直線状なのは防御上好ましくなく珍しい。道の左右には曲輪があり、重要な役割を果たす建物が並んでいたか。

大手道左手下段曲輪

大手道左手下段曲輪

大手道の左手の曲輪は伝羽柴秀吉邸跡と呼ばれ、上下二段からなる。そのうち下段の曲輪は大手道脇の側溝を石橋を渡って邸内へ入る。ここには櫓門が存在したと言う。

大手道左手上段曲輪

大手道左手上段曲輪

曲輪に入るために石板が渡されており、往時はここに高麗門が建っていたとのこと。曲輪は何段かの高さの平地から構成され、スロープで結ばれている。

大手道右手下段曲輪

大手道右手下段曲輪

大手道右手下段の曲輪は「伝前田利家邸」と呼ばれる。曲輪内には何段かの石垣が築かれている。両側を石垣に挟まれた狭い排水溝に設置された木樋が発見された。

大手道右手上段曲輪

大手道右手上段曲輪

大手道直線部を上の方まで登り、右手にある曲輪。「伝徳川家康邸」とも呼ばれるが、現在は摠見寺がある。昭和七年にここに仮本堂が建てられた。

大手道七曲部

大手道七曲部

大手道は約180メートルの直線部が続いた後、突き当りを左に折れなおも石段を登る。石段には石仏が用いられているが、築城を急ぎどんな石でも徴発したのだろうか。

大手道上段曲輪

大手道上段曲輪

大手道の七曲り部にある曲輪。「伝武井夕庵邸跡」とも称される。大手道上部を固める役割の曲輪だろう。

大手道・摠見寺道合流地点

大手道・摠見寺道合流地点

大手道と摠見寺道の合流する地点付近には「伝織田信忠邸跡」と呼ばれる曲輪がある。道を直進すると摠見寺跡、右折すると主郭部方向に向かう

主郭への道

主郭への道

石段を登り主郭部へ向かう。突き当りには黒金門跡が待ち構える

黒金門跡

黒金門跡

黒金門。道の突き当たりに位置し主郭部への侵入を防ぐ。外枡形門形式で、櫓門が設けられ、またその名から鉄板張りの防御力の高い門であったことが窺われる。

主郭部西下曲輪

主郭部西下曲輪

「伝長谷川秀一邸」と呼ばれる曲輪への入口のようす

本丸西虎口

本丸西虎口

石段を登り虎口を入る。石段を登ると道は分岐する。左に向かうと二の丸へ、右に曲がると本丸・天主台跡へ至る。

二の丸

二の丸

二の丸には現在織田信長公本廟がある。

本丸

本丸

現在は木々が茂り鬱蒼としているが、千畳敷と呼ばれ、広大な面積に御殿が建てられていたと考えられる。

天主台石段

天主台石段

本丸から天主台に至る石段。織田信長も日々この石段を昇降したのだろう。踊場に敷き詰められた石は越前国の笏谷石と呼ばれ、越前を平定した柴田勝家が進上したものこと。

天主台

天主台

礎石がほぼ等間隔に並ぶ。ここにあの独特な形状をした、信長が住んだ天主が建っていた。天主は地上六階、地下一階建てであったことは記録から判明している。

摠見寺跡

摠見寺跡

摠見寺は信長が安土城を築いた際に建立した寺で、織田家の菩提寺。創建時に寺の建物の多くが近江国内から移築されたことが分かっている。三重塔と二王門が往時から残る。

移築城門(超光寺山門)

移築城門(超光寺山門)

明治13年(1880)に摠見寺から移築されたもので摠見寺の裏門。織田信長が安土城を築いた際、または豊臣秀頼が慶長年間に整備した際の建築と思われる。

安土城付近の地図

安土城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

天下人の城―信長から秀吉・家康へ

信長の城

廃城をゆく

日本100名城公式ガイドブック

おすすめの本一覧へ
Page Top