日本の城写真集

= 備中松山城 (備中国/岡山県)=


天守の現存する城。三大山城、日本百名城。備中の戦国大名・三村家親が攻略したが、毛利家が三村家を攻撃し落城した。毛利氏は関ヶ原合戦で敗れ、小堀正次が城代として入城した。日常の政務には不便であったため山麓に居館が構えられた。




- 鞴峠 -
備中松山城に登る道すがら、何か所か登城心得が掲示される。ここでは「あわてずゆっくり歩むべし」との事で、まさにその通り。

備中松山城 鞴峠

- 中太鼓の丸 -
中太鼓の丸の石垣。往時には石垣上に中太鼓櫓が建っていた。山麓の根小屋と山上の天守の間を太鼓で通信する際の中継拠点であった。

備中松山城 中太鼓の丸

- 大手門跡 -
何重もの石垣で厳重に守られている。往時は石垣上に櫓門が構えられていた

備中松山城 大手門跡

- 岩盤上の石垣 -
大手門右手のようす。岩盤上に石垣が組まれ、城兵は非常に高いところから大手門を見下ろすことができる。

備中松山城 岩盤上の石垣

- 土塀 -
左手前部分が現存のものである。奥の土塀が切れた所には三の平櫓があった。右の石垣上には足軽番所があった。

備中松山城 土塀

- 三の丸 -
三の丸から城中心部方向を見る

備中松山城 三の丸

- 黒門跡 -
黒門付近のようす。突き当り付近に鉄門があった。

備中松山城 黒門跡

- 厩曲輪 -
右手にある厩門跡、厩曲輪跡のようす

備中松山城 厩曲輪

- 鉄門跡 -
鉄門跡を二の丸から見る。かつて二重櫓門があった

備中松山城 鉄門跡

- 二の丸 -
二の丸石垣を見る。元々の石垣の折れの部分を逆V字型の石積みで補修しているように見える

備中松山城 二の丸

- 五の平櫓 -
五の平櫓を見上げる。平櫓で石落としが見える。右側面には出窓も見え、守備側はここから攻撃ができるようになっている

備中松山城 五の平櫓

- 本丸南御門 -
五の平櫓と六の平櫓に挟まれた本丸南御門。十分に引いて門全体をフレームに収めるだけの距離が取れない

備中松山城 本丸南御門

- 六の平櫓 -
六の平櫓を内側から

備中松山城 六の平櫓

- 本丸 -
本丸のようすを天守脇から見下ろす

備中松山城 本丸

- 天守 -
二層二階の現存天守で、天守台石垣は岩盤上に築かれている。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られ「竪板張り」と呼ばれる。

備中松山城 天守

- 天守内 -
天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。

備中松山城 天守内

- 本丸東御門 -
本丸東御門を本丸側から

備中松山城 本丸東御門

- 腕木御門 -
本丸下から坂を登り、天守に向かう搦手門

備中松山城 腕木御門

- 二重櫓 -
後曲輪から見る二重櫓。二重櫓は岩盤上に築かれた石垣上に建ち、非常に守りが堅いことが分かる。

備中松山城 二重櫓

- 搦手門跡 -
搦手門跡を見下ろす

備中松山城 搦手門跡

- 水の手門脇曲輪 -
水の手門脇曲輪のようす。天守裏の搦手側に当たるが、しっかりとした石垣造りとなっている。左の石段を登ったところが後曲輪。

備中松山城 水の手門脇曲輪

- 水の手門跡 -
水の手門跡

備中松山城 水の手門跡

- 後曲輪 -
後曲輪を見る。かつて曲輪の奥には九の平櫓が建ち、曲輪左辺には土塀が建っていた。

備中松山城 後曲輪

- 堀切 -
堀切に架かる橋。城外側から。

備中松山城 堀切

サイトトップ >> 備中国 >> 備中松山城