日本の城 写真集

= 弘前城 (陸奥国(陸奥)/青森県)=


天守の現存する城。日本百名城。慶長16年(1611年)に津軽藩藩主の津軽信枚によって築城された。天守以外にも隅櫓三棟、城門五棟の建造物が現存し、重要文化財に指定されている。広大な城域は現在は公園として整備されている。




- 追手門 -
重要文化財。1611年に建築された。

弘前城 追手門

- 南内門 -
二の丸への入口の門

弘前城 南内門

- 未申櫓 -
三の丸から見る未申櫓

弘前城 未申櫓

- 辰巳櫓 -
辰巳櫓を三の丸から見る

弘前城 辰巳櫓

- 下乗橋 -
本丸への橋。

弘前城 下乗橋

- 天守 -
当初の天守は火災で焼失したため、本丸の辰巳櫓を天守の代用としたもので、これが現存する天守である。

弘前城 天守

- 本丸 -
戌亥櫓跡付近の石垣

弘前城 本丸

- 北の郭 -
館神跡

弘前城 北の郭

- 丑寅櫓 -
丑寅櫓を三の丸から見る

弘前城 丑寅櫓

- 東内門 -
東内門を外側(三の丸側)から見る

弘前城 東内門

- 与力番所 -
東内門の警備のための施設。建築年代は不明だが、江戸時代中期に建て替えられたものと思われる。

弘前城 与力番所

- 西の郭 -
西の郭から蓮池越しに見る本丸土塁

弘前城 西の郭

- 北門 -
弘前城に現存する城門五棟のうちでも、最も古く大きい門。亀甲門とも呼ばれる。弘前城築城当時に大光寺城から移築したものである

弘前城 北門

- 東門 -
東門を城外から見る

弘前城 東門