日本の城写真集

= 犬山城 (尾張国/愛知県)=


国宝、天守の現存する城。日本百名城。天文6年(1537)に織田信康が築いた。信康の子の信清は信長と敵対し落城、のちに池田恒興が城主となった。小牧・長久手の戦い、関ヶ原の戦いの舞台となり、江戸時代には成瀬氏が代々城主をつとめた。




- 三の丸 -
道具櫓

犬山城 三の丸

- 二の丸・大手道 -
一直線に伸びる大手道

犬山城 二の丸・大手道

- 本丸鉄門 -
本丸への入口である鉄門。復興された建物で、往時の建物ではない。

犬山城 本丸鉄門

- 本丸 -
天守から見る本丸のようす

犬山城 本丸

- 天守 -
現存する天守。明治維新により建物の多くは取り壊されたが、天守は現在まで残っている。

犬山城 天守

- 木曽川 -
木曽川にかかるライン大橋から見る犬山城。

犬山城 木曽川

サイトトップ >> 尾張国 >> 犬山城