日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

松本城はもとは深志城と呼ばれ、小笠原氏の本拠地・林城の支城であった。その後小笠原氏を倒した甲斐武田氏の信濃支配の拠点となった。
武田氏滅亡後は徳川家康の支配下となり小笠原氏が城主として復帰した。この時松本城と名を改めた。家康の関東移封後は豊臣秀吉配下の石川数正が城主となり、その子康長が跡を継いだ。石川康長が改易されると、再度小笠原氏が城主として復帰した。
松本城には黒漆の塗られた天守が現存し、天守には小天守、月見櫓、辰巳櫓が付属する。また現在は黒門・太鼓門などが復元されている。

国宝、天守の現存する城。日本百名城。松本城はもと深志城と呼ばれ、武田氏の信濃支配の拠点となった。武田氏滅亡後に松本城と名を改め、石川康長が城主であった1593~94年頃に現存する5重の天守・乾小天守などが築かれた。

(2007/10/25 作成、2014/12/28 更新)

公式動画チャンネル

松本城付近の地図

松本城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

おすすめの本一覧へ
Page Top