日本の城写真集

日本の城写真集

高遠城

(信濃国/長野県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

高遠城は、戦国時代には諏訪氏の一族である高遠氏の支配下にあったが、天文14年(1545)に甲斐の武田信玄が高遠氏を降伏させた。以降は高遠城は武田氏が支配し、秋山信友、武田勝頼、武田信廉(信玄の弟)が城主を務めた。
やがて武田氏は弱体化し、天正10年(1582)には織田信長の侵攻を受ける。高遠城主であった信玄の五男・仁科盛信は籠城するが、大軍には敵わず落城、盛信は切腹した。
武田氏滅亡後は、元武田氏の家臣で徳川氏に降伏した保科氏が城主をつとめた。保科氏は江戸時代には高遠藩藩主となり、また二代将軍・秀忠の隠し子を預かり養子として迎えた。これが保科正之であり、三代将軍・家光の弟として幕府の要職を歴任した。やがて正之は山形へ転封され、鳥居氏、内藤氏が藩主となり、幕末に至った。

日本百名城。高遠氏の支配下にあったが武田氏が支配し、秋山信友、武田勝頼、武田信廉が城主を務めた。天正10年には織田信長の侵攻を受け、城主であった信玄の五男・仁科盛信は籠城するが、大軍には敵わず落城、盛信は切腹した。

(2008/11/14 作成)

公式動画チャンネル

見どころ

大手門・勘助曲輪

大手門・勘助曲輪

大手門と伝えられる門。廃城後に改築が施され、往時の姿とは異なる。

三の丸・進徳館

三の丸・進徳館

進徳館。高遠藩が万延元年(1860)に開いた藩校。

二の丸

二の丸

三の丸から二の丸へ渡る土橋

本丸

本丸

桜雲橋と問屋門

太鼓櫓

太鼓櫓

南曲輪・法幢院曲輪

南曲輪・法幢院曲輪

白兎橋からの眺め

移築城門(久保寺山門)

移築城門(久保寺山門)

高遠城付近の地図

高遠城が載っている本

戦国武田の城

廃城をゆく 2

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top