日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

上田城は天正十一年(1583)に真田昌幸が築いた城で、尼ヶ淵により切り立つ断崖上に位置する。
その天険を生かし、二度にわたる徳川軍の攻撃を守り抜いた名城として有名である。一度目は天正13年(1585)に徳川家に臣従していた真田家が離反した際に起こったものであり、真田家は上田城に籠城したのち巧みに反撃し、小勢で大軍を撃破した。二度目は慶長5年(1600)の関ヶ原合戦前で、西方の決戦場向かう徳川秀忠率いる徳川主力軍が上田城を通過する際に起こったもので、この時も真田家は籠城戦に及び徳川軍は城を落とすことができず、その結果徳川軍は関ヶ原での決戦に間に合わなかった。
関ヶ原合戦後に上田の地には真田信之が封じられ、その後仙石氏、のち松平氏の居城となった。現在は本丸・二の丸に隅櫓や石垣・土塁が残る。櫓は仙石忠政の代に建てられたもので、三棟が現存する。

日本百名城。 天正11年(1583)に真田昌幸が築いた城で、二度にわたる徳川軍の攻撃を防いだ名城。のちに仙石氏、松平氏の居城となった。本丸・二の丸に隅櫓や石垣・土塁が残る。櫓は仙石忠政の代に建てられたもので三棟が現存する。

(2007/10/25 作成)

公式動画チャンネル

上田城付近の地図

上田城が載っている本

歴史人 2013年5月号 戦国城の合戦の真実

廃城をゆく 2

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

おすすめの本一覧へ
Page Top