日本の城写真集

日本の城写真集

徳島城

(阿波国/徳島県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

徳島城は天正13年(1585)に阿波に封じられた蜂須賀家政が築いた城である。蜂須賀家は江戸時代に入っても阿波・淡路両国を領し、幕末まで続いた。
城は助任川・寺島川に挟まれた丘陵とその麓に築かれ、東側は水堀で囲まれていた。丘陵部には天守が建ち、麓には表御殿・裏御殿が建てられていた。天守は本丸ではなく、東二の丸に存在した。
現在、城域は整備され公園となっており、また国の名勝庭園にも指定されている石組庭園が残る。城の傍らを流れていた寺島川は埋め立てられ、JR線の線路となった。

日本百名城。天正13年に阿波に封じられた蜂須賀家政が築いた城。蜂須賀家は江戸時代に入っても阿波・淡路領国を領し、幕末まで続いた。城は助任川・寺島川に挟まれた丘陵とその麓に築かれ、東側は水堀で囲まれいた。

(2009/2/2 作成、2017/5/19 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

鷲の門

鷲の門

太平洋戦争による空襲で焼失したが、平成元年(1989)に再建された。

下乗橋・大手門跡

下乗橋・大手門跡

堀に架かる下乗橋と大手門跡。下乗橋はかつては木製の太鼓橋であった。

舌石

舌石

舌石。この石に支柱を立て、その支柱を支えに塀が設けられていた。舌石は徳島城にしか見れない遺構。

太鼓櫓跡

太鼓櫓跡

太鼓櫓に登る石段が設けられている

月見櫓跡

月見櫓跡

月見櫓跡石垣

御殿跡

御殿跡

御殿跡には徳島城博物館が建つ

弁天池

弁天池

東二の丸

東二の丸

東二の丸跡のようす。かつてはここに天守が建っていた。

本丸

本丸

本丸石垣。本丸にはかつては奥座敷が建っていた。

西二の丸・三の丸

西二の丸・三の丸

帳櫓跡の石垣

数寄屋橋

数寄屋橋

数寄屋橋。城の東北(鬼門)にあたる門の前に架かる太鼓橋であった。

城の北側

城の北側

城山に面したところにある池。写真左手が城山である。池から露出した岩肌には円形のくぼみ(海蝕痕)が残り、昔はこのあたりが海であったことが分かる。

助任川

助任川

徳島城は写真の助任川と寺島川の間に築かれていた。現在助任川沿いは綺麗に整備されている。

徳島城付近の地図

徳島城が載っている本

日本100名城めぐりの旅

廃城をゆく

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top