日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 岡山県

岡山県(中国地方)


備中松山城

備中松山城

天守の現存する城。三大山城、日本百名城。備中の戦国大名・三村家親が攻略したが、毛利家が三村家を攻撃し落城した。毛利氏は関ヶ原合戦で敗れ、小堀正次が城代として入城した。日常の政務には不便であったため山麓に居館が構えられた。

備中高松城

備中高松城

備前国との国境近くにある平城で、毛利家家臣・清水宗治の居城。織田方の羽柴秀吉軍が水攻めにしたことや、宗治の切腹、織田信長が本能寺の変で落命しここから秀吉が畿内へ引き返したこと等が有名。現在は公園として宗治の墓などが残る。

庭瀬城

庭瀬城

備中の戦国大名・三村氏が築いたのが城の始まり。のちに毛利氏、宇喜多氏が支配したが、宇喜多氏が関ヶ原合戦に敗北し没落すると、元宇喜多氏の家臣で宇喜多騒動により徳川家康の配下となっていた戸川達安が当地に封じられ、庭瀬藩を立派した。

撫川城

撫川城

江戸時代の延宝7年(1679)に庭瀬藩藩主・戸川安風が改易された際、安風の弟・達冨が家名存続のため幕府から5000石を与えられ、庭瀬城から至近の当地に撫川城(陣屋)を築いた。

足守陣屋

足守陣屋

足守藩は関ヶ原合戦後に木下家定(豊臣秀吉の妻・高台院の兄)が当地に封じられた際に立藩した。慶長15年に浅野長晟が入封しが、大坂の陣の後、戦功を立てた木下利房(家定の子)が再度足守藩主に任じられ、以降幕末まで木下家が藩主を務めた。

鶴首城

鶴首城

備中の戦国大名・三村氏の本拠。その後、元和三年に山崎家治が入封し成羽藩を立藩するが、その手腕を買われ天草の乱で荒廃した肥後富岡へ転封された。水谷勝隆が入封するも間もなく備中松山に転じ、山崎家治の二男・豊治が成羽藩主として入封した。

岡山城

岡山城

日本百名城。元亀元年(1570)に金光氏が支配する城を宇喜多直家が奪った。その子・秀家が改修を行い、1597年に完成した。外壁に黒漆が塗られているのが特徴で「烏城」と呼ばれる。天守は1966年に建てられ外見は昔の通り復元された。

下津井城

下津井城

下津井城は児島半島先端の瀬戸内海に面する地に築かれた城で宇喜多秀家が築いた。関ヶ原合戦後に小早川秀秋の平岡頼勝が、次いで池田忠継の家老の池田長政が城主となった。寛永十六年に一国一城令により廃城となった。

常山城

常山城

戦国時代初め(明応年間)に豪族の上野氏が築いたと思われる。上野氏は備中の三村氏を縁戚を組むが、天正三年には毛利氏の攻撃を受け、落城し上野氏は滅亡した。この時の戦いは城主・上野隆徳の妻鶴姫らが敵軍と果敢に戦い散った事で知られる。

津山城

津山城

三大平山城、日本百名城。別名鶴山城。慶長8年(1603)に関ヶ原合戦の軍功により当地に封じられた森忠政が築いた城で、元和2年(1616)に完成。2002年に備中櫓が復元された。上中下の三段の石垣が印象的な名城。

勝山城

勝山城

かつては高田城と呼ばれ三浦氏が当地に築いたものと思われる。三浦氏は高田城に拠るが、近隣の戦国大名に挟まれ没落と再興を繰り返した。その後、毛利氏、宇喜多氏、小早川氏、森氏が支配したのち、元禄10年に三浦明次が勝山藩主に任じられた。

サイトトップ >> 岡山県

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集