日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 福島県

福島県(東北地方)


白河小峰城

白河小峰城

日本百名城。結城親朝が興国年間(1340~1346)に築いたのが城の始まりと言われる。寛永4年(1627)に白河に封じられた丹羽長重が現在見られる形に城を改修した。三重櫓と前御門が史料によって正確に復元された。

梁川城

梁川城

文治年間に伊達朝宗が築いた城。代々伊達氏の本拠地となった。のちに蒲生氏を経て上杉氏の城となった。城主は須田長義で、関ヶ原合戦直後に上杉領の浸食を企む伊達軍の攻撃を受けるが撃退した。寛文4年に上杉氏から没収され廃城となった。

相馬中村城

相馬中村城

平安時代に坂上田村麻呂が蝦夷征伐を行った際に菅原敬実が当地に西館を築いたのが始まり。その後、元亨三年には当地は相馬家の支配下に入り、慶長十六年に相馬利胤が小高城から相馬中村城に本拠地を移した。以降幕末まで相馬氏が支配した。

常盤城

常盤城

赤松氏の一族であった常盤顕則が居城とし、代々城主を務めた。常盤氏は三春城の田村氏の支配下にあったが、第五代・貞久の時に城を去り、代わって石沢修理が城主となった。天正17年(1589)には相馬氏の攻撃を受け落城した。

三春城

三春城

戦国大名・田村氏によって築城された城。伊達政宗の妻・愛姫はこの城で田村家の娘として産まれた。のちに田村家は伊達派と相馬派に分かれ相争ったが、結局伊達派が勝利しその支配下に入った。のちに三春には秋田氏が入り、三春藩藩主となった。

白川城

白川城

白川城は白河結城氏の本居城である。鎌倉幕府の御家人である結城朝光が当地に任じらたのち、その子孫が白川城を築いた。白河結城氏は一族の争いなどで弱体化し、佐竹氏や伊達氏に従属していたが、豊臣秀吉により改易された。

棚倉城

棚倉城

棚倉城は寛永2年に丹羽長重が築いた城。当地には元々近津神社の境内であったが、築城に適しているため神社を移転させ城を築いた。東国の城らしく城の周囲は主に土塁で囲まれている。戊辰戦争の際には新政府軍の攻撃を受け落城、のちに廃城された。

会津若松城

会津若松城

日本百名城。城の始まりは南北朝時代に葦名氏が築いた黒川城である。豊臣秀吉による奥州仕置きにより蒲生氏郷が入り、この時城名を鶴ヶ城と命名した。戊辰戦争の際には会津藩は旧幕府側に立ち、新政府軍の攻撃を受け1ヶ月間籠城に耐えた。

神指城

神指城

越後から会津に転封された上杉景勝が慶長五年(1600)三月に築城した城。当時の景勝の居城は会津若松城であったが、新たな居城として阿賀川沿いの地に築城を行った。城の鬼門である北東角には高瀬のケヤキと呼ばれる巨木が立ち、現存する。

鴫山城

鴫山城

築城したのは当地の豪族・長沼氏で、南北朝時代の築城である。長沼氏は会津の戦国大名・蘆名氏に属していたが、蘆名氏滅亡後は、当地は蒲生氏、上杉氏の支配下に入り、上杉氏の時代には家老・直江兼次の弟・大国実頼が城主を務めた。

久川城

久川城

南会津の山間地を流れる伊南川沿いの小山に築かれた城。会津の戦国大名であった蘆名氏は伊達政宗に滅ぼされ、当地の豪族・河原田盛次はそれに対抗するために久川城を築いたと伝わる。伊達政宗の軍勢が攻め寄せるがその天険に拠って撃退に成功した。

二本松城

二本松城

日本百名城。城の始まりは奥州探題の畠山満泰が築城したと言われ、代々畠山氏の居城となった。畠山氏は伊達氏によって滅ぼされ、のちに蒲生氏、上杉氏、松下氏、加藤氏と城主が替わった。寛永20年に丹羽光重が封じられ二本松藩が建てられた。

猪苗代城

猪苗代城

鎌倉幕府樹立に貢献した佐原義連が源頼朝から会津四郡を与えられた際に築かれた城。義連の子・経連は猪苗代氏を称し、代々この城の城主をつとめた。その後伊達氏、蒲生氏、上杉氏、江戸時代に入り加藤氏、松平(保科)氏が支配した。

桑折西山城

桑折西山城

伊達朝宗は鎌倉幕府開府に功があり、当地に封じられ、その支配のために桑折西山城を築いた。享禄五年に時の伊達家当主・稙宗が居城を梁川城から桑折西山城へ移したことで桑折西山城が伊達家の本居城となり、城の拡張が行われた。

福島城

福島城

福島城は杉目城・杉妻城とも呼ばれた。伊達氏が支配した時代には大森城の支城の役割を果たした。江戸時代は当地は上杉家の所領であったが、減封された際に幕府領となり、さらに延宝七年に福島藩が立藩され、本多氏、堀田氏、板倉氏が藩主を務めた。

大森城

大森城

当地は鎌倉時代から伊達家の支配下にあり、十六世紀中ごろに築城された。伊達家は豊臣秀吉による奥州仕置により転封され、蒲生氏が支配した。慶長3年には上杉家が入り、寛文四年に減封され、当地は幕府領となり大森城は廃城となった。

小浜城

小浜城

小浜城は南北朝時代に奥州探題の本居城であった四本松城の支城として築かれ、のちに大内定綱が城主となった。天正13年には、伊達政宗の攻撃を受け、城は政宗の手に落ちた。政宗は小浜城を居城とし、会津の蘆名氏侵攻のための拠点とした。

宮森城

宮森城

宮森城は大内家が支配していたが、天正13年に伊達政宗の攻撃を受け落城。政宗の父・輝宗が城主となった。同年に二本松城主・畠山義継が和睦を求め輝宗を訪問するが、輝宗は義継に拉致され、政宗が義継を父・輝宗もろとも殺害する事件が発生した。

須賀川城

須賀川城

当地の豪族・二階堂氏によって築かれた城。二階堂氏は会津の蘆名氏と敵対するが劣勢で、当主・盛義は子の盛隆を人質に出し、蘆名氏と和睦した。盛隆は蘆名家の養子となり蘆名家の当主となった。天正17年には伊達政宗の攻撃を受け落城した。

サイトトップ >> 福島県

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集