日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 陸奥国(岩代) >> 会津若松城

会津若松城

会津若松城(陸奥国(岩代)/福島県)

会津若松城の始まりは、南北朝時代に葦名氏が築いた黒川城である。葦名氏は天正17年(1589)の伊達政宗との決戦に敗れ、黒川城は政宗の支配下に入った。
翌年の豊臣秀吉による奥州仕置きにより蒲生氏郷が入り、七層の天守を建て、地名を若松に改めた。この時城名を鶴ヶ城と命名し、この時の名が今でも通称で使用される。
蒲生氏の後には上杉景勝、関ヶ原合戦後は再び蒲生氏が復帰、のちに加藤氏、松平(保科)氏と城主が代わった。加藤氏の時代であった慶長16年(1611年)には大地震が発生し、天守が倒壊してしまったため、五層に改められ再建された。また、北出丸、西出丸が拡張され現在の城の姿となった。
戊辰戦争の際には会津藩は旧幕府側に立ち、新政府軍の攻撃を受け1ヶ月間籠城に耐えるものの、ついに降伏した。 天守は1874年に解体されたが1965年に復元された。

(2008/9/8 作成、2010/8/29 更新)



会津若松城のみどころ
甲賀町口郭門跡
会津若松城 甲賀町口郭門跡
北出丸
会津若松城 北出丸
西出丸
会津若松城 西出丸
鐘撞堂
会津若松城 鐘撞堂
大手門
会津若松城 大手門
二の丸方向虎口
会津若松城 二の丸方向虎口
鉄門
会津若松城 鉄門
南走長屋
会津若松城 南走長屋
干飯櫓
会津若松城 干飯櫓
天守
会津若松城 天守
本丸
会津若松城 本丸
麟閣
会津若松城 麟閣
二の丸
会津若松城 二の丸
御三階
会津若松城 御三階

城内地図(別窓)


陸奥国(岩代)の城
白石城
会津若松城
神指城
鴫山城
久川城
津川城
二本松城
猪苗代城
桑折西山城
福島城
大森城
小浜城
宮森城
須賀川城

福島県の城
白河小峰城
梁川城
相馬中村城
常盤城
三春城
白川城
棚倉城
会津若松城
神指城
鴫山城
久川城
二本松城
猪苗代城
桑折西山城
福島城
大森城
小浜城
宮森城
須賀川城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
会津若松城 甲賀町口郭門跡

甲賀町口郭門跡

甲賀町口郭門跡の石垣。城の大手口であった。ここから内側が城内で、土塁が築かれ水堀がめぐらせれていた。

会津若松城 北出丸

北出丸

北出丸石垣と水濠

会津若松城 西出丸

西出丸

西出丸の北側の虎口

会津若松城 鐘撞堂

鐘撞堂

城内外に時を知らせる鐘があった。

会津若松城 大手門

大手門

大手門石垣に登るために、V字型の階段である武者走りが設けられている

会津若松城 二の丸方向虎口

二の丸方向虎口

二の丸方面からの帯曲輪入口の石垣

会津若松城 鉄門

鉄門

鉄門を南側から

会津若松城 南走長屋

南走長屋

天守から見る鉄門、南走長屋、干飯櫓

会津若松城 干飯櫓

干飯櫓

非常食である干飯が保存されていたと言う。

会津若松城 天守

天守

戊辰戦争では会津藩は旧幕府側に立ち新政府軍の攻撃を受け1ヶ月間耐えるものの降伏した。 天守は1874年に解体されたが1965年に復元された。

会津若松城 本丸

本丸

御三階石垣。御三階は数奇屋風の楼閣状の建物。七日町の阿弥陀寺に移築現存する。

会津若松城 麟閣

麟閣

千利休の子が造ったものと伝わる。千利休は秀吉により切腹させられたが、蒲生氏郷はその子を匿い、のちに表、裏、武者小路の三家が再興した。

会津若松城 二の丸

二の丸

廊下橋

会津若松城 御三階

御三階

かつては本丸北東角に建てられていたが、今は市内の阿弥陀寺に移築されている。唐破風は本丸御殿の玄関の一部を移したもの。


▼会津若松城付近の地図


大きな地図を見る

▼会津若松城が載っている本
▽わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

▽日本100名城めぐりの旅

▽日本100名城公式ガイドブック

▽よみがえる日本の城(17) 仙台城・会津若松城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽お城の手帖

▽司馬遼太郎と城を歩く

▽日本の城郭を歩く

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(東国編)

▽よみがえる名城 漆黒の要塞 豊臣の城

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 陸奥国(岩代) >> 会津若松城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集