日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 備中国 >> 備中松山城

備中松山城

備中松山城(備中国/岡山県)

備中松山城は、延応二年(1240)に秋庭重信が築いたのが始まりと言われ、その後、高橋氏、庄氏らの城であった。
永禄四年(1561)には毛利氏と同盟関係にあった備中の戦国大名・三村家親が攻略し支配下に置いた。やがて毛利氏が三村家と敵対していた宇喜多家と同盟を結んだため、三村家は織田家と同盟を結んだ。これを受けて毛利家は三村家を攻撃し、備中松山城も落城した。
毛利氏は関ヶ原合戦で敗れ、小堀正次が城代として入城した。備中松山城は山城であり、日常の政務には不便であったため、山麓に別に居館が構えられた。
日本に十二城だけ存在する天守が現存する城であり、また櫓や土壁も現存する。

(2007/3/11 作成、2017/6/19 更新)



備中松山城のみどころ
鞴峠
備中松山城 鞴峠
中太鼓の丸
備中松山城 中太鼓の丸
大手門跡
備中松山城 大手門跡
岩盤上の石垣
備中松山城 岩盤上の石垣
土塀
備中松山城 土塀
三の丸
備中松山城 三の丸
黒門跡
備中松山城 黒門跡
厩曲輪
備中松山城 厩曲輪
鉄門跡
備中松山城 鉄門跡
二の丸
備中松山城 二の丸
五の平櫓
備中松山城 五の平櫓
本丸南御門
備中松山城 本丸南御門
六の平櫓
備中松山城 六の平櫓
本丸
備中松山城 本丸
天守
備中松山城 天守
天守内
備中松山城 天守内
本丸東御門
備中松山城 本丸東御門
腕木御門
備中松山城 腕木御門
二重櫓
備中松山城 二重櫓
搦手門跡
備中松山城 搦手門跡
水の手門脇曲輪
備中松山城 水の手門脇曲輪
水の手門跡
備中松山城 水の手門跡
後曲輪
備中松山城 後曲輪
堀切
備中松山城 堀切


備中国の城
備中松山城
備中高松城
庭瀬城
撫川城
足守陣屋
鶴首城

岡山県の城
備中松山城
備中高松城
庭瀬城
撫川城
足守陣屋
鶴首城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
備中松山城 鞴峠

鞴峠

備中松山城に登る道すがら、何か所か登城心得が掲示される。ここでは「あわてずゆっくり歩むべし」との事で、まさにその通り。

備中松山城 中太鼓の丸

中太鼓の丸

中太鼓の丸の石垣。往時には石垣上に中太鼓櫓が建っていた。山麓の根小屋と山上の天守の間を太鼓で通信する際の中継拠点であった。

備中松山城 大手門跡

大手門跡

何重もの石垣で厳重に守られている。往時は石垣上に櫓門が構えられていた

備中松山城 岩盤上の石垣

岩盤上の石垣

大手門右手のようす。岩盤上に石垣が組まれ、城兵は非常に高いところから大手門を見下ろすことができる。

備中松山城 土塀

土塀

左手前部分が現存のものである。奥の土塀が切れた所には三の平櫓があった。右の石垣上には足軽番所があった。

備中松山城 三の丸

三の丸

三の丸から城中心部方向を見る

備中松山城 黒門跡

黒門跡

黒門付近のようす。突き当り付近に鉄門があった。

備中松山城 厩曲輪

厩曲輪

右手にある厩門跡、厩曲輪跡のようす

備中松山城 鉄門跡

鉄門跡

鉄門跡を二の丸から見る。かつて二重櫓門があった

備中松山城 二の丸

二の丸

二の丸石垣を見る。元々の石垣の折れの部分を逆V字型の石積みで補修しているように見える

備中松山城 五の平櫓

五の平櫓

五の平櫓を見上げる。平櫓で石落としが見える。右側面には出窓も見え、守備側はここから攻撃ができるようになっている

備中松山城 本丸南御門

本丸南御門

五の平櫓と六の平櫓に挟まれた本丸南御門。十分に引いて門全体をフレームに収めるだけの距離が取れない

備中松山城 六の平櫓

六の平櫓

六の平櫓を内側から

備中松山城 本丸

本丸

本丸のようすを天守脇から見下ろす

備中松山城 天守

天守

二層二階の現存天守で、天守台石垣は岩盤上に築かれている。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られ「竪板張り」と呼ばれる。

備中松山城 天守内

天守内

天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。

備中松山城 本丸東御門

本丸東御門

本丸東御門を本丸側から

備中松山城 腕木御門

腕木御門

本丸下から坂を登り、天守に向かう搦手門

備中松山城 二重櫓

二重櫓

後曲輪から見る二重櫓。二重櫓は岩盤上に築かれた石垣上に建ち、非常に守りが堅いことが分かる。

備中松山城 搦手門跡

搦手門跡

搦手門跡を見下ろす

備中松山城 水の手門脇曲輪

水の手門脇曲輪

水の手門脇曲輪のようす。天守裏の搦手側に当たるが、しっかりとした石垣造りとなっている。左の石段を登ったところが後曲輪。

備中松山城 水の手門跡

水の手門跡

水の手門跡

備中松山城 後曲輪

後曲輪

後曲輪を見る。かつて曲輪の奥には九の平櫓が建ち、曲輪左辺には土塀が建っていた。

備中松山城 堀切

堀切

堀切に架かる橋。城外側から。


▼備中松山城付近の地図


大きな地図を見る

▼備中松山城が載っている本
▽わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

▽日本100名城めぐりの旅

▽日本100名城公式ガイドブック

▽よみがえる日本の城(5) 岡山城・備中松山城・津山城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

▽司馬遼太郎と城を歩く

▽日本の城郭を歩く

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(西国編)

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 備中国 >> 備中松山城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集