備中松山城 天守内 | 日本の城写真集

備中松山城 天守内 | 日本の城写真集

  • 備中松山城 天守内 天守入って最初の部屋である接続廊下。右手に石垣が見えるが、天守台の石垣側面である。右の階段を登ると一階へ。
  • 備中松山城 天守内 入口方向を振り返ってみる
  • 備中松山城 天守内 天守の下端の横の木は石垣の形に合わせて削られている
  • 備中松山城 天守内 天守一階のようす
  • 備中松山城 天守内 装束の間に登る階段
  • 備中松山城 天守内 装束の間。落城の際に城主一家が自刃する場所とのこと。板張りの質素な一室である。
  • 備中松山城 天守内 天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。
  • 備中松山城 天守内 天守二階の屋根。武骨な曲がった柱が用いられている。
  • 備中松山城 天守内 一階に下りる階段
  • 備中松山城 天守内 窓からの眺め。二の丸や城下が見渡せる。屋根が丸いのは唐破風の屋根だからである
  • 備中松山城 天守内 天守二階の窓。格子状のスリットが見える。格子は菱型になっていて、鉄砲で撃ちかける角度が確保されている。
備中松山城写真撮影スポット紹介

天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。

写真

天守入って最初の部屋である接続廊下。右手に石垣が見えるが、天守台の石垣側面である。右の階段を登ると一階へ。

天守入って最初の部屋である接続廊下。右手に石垣が見えるが、天守台の石垣側面である。右の階段を登ると一階へ。

入口方向を振り返ってみる

入口方向を振り返ってみる

天守の下端の横の木は石垣の形に合わせて削られている

天守の下端の横の木は石垣の形に合わせて削られている

天守一階のようす

天守一階のようす

装束の間に登る階段

装束の間に登る階段

装束の間。落城の際に城主一家が自刃する場所とのこと。板張りの質素な一室である。

装束の間。落城の際に城主一家が自刃する場所とのこと。板張りの質素な一室である。

天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。

天守二階のようす。御社壇が見える。天和三年(1683)の修築の際に設けられたもの。

天守二階の屋根。武骨な曲がった柱が用いられている。

天守二階の屋根。武骨な曲がった柱が用いられている。

一階に下りる階段

一階に下りる階段

窓からの眺め。二の丸や城下が見渡せる。屋根が丸いのは唐破風の屋根だからである

窓からの眺め。二の丸や城下が見渡せる。屋根が丸いのは唐破風の屋根だからである

天守二階の窓。格子状のスリットが見える。格子は菱型になっていて、鉄砲で撃ちかける角度が確保されている。

天守二階の窓。格子状のスリットが見える。格子は菱型になっていて、鉄砲で撃ちかける角度が確保されている。

備中松山城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

今日から歩ける!超入門 山城へGO! 萩原さちこ

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

おすすめの本一覧へ
Page Top