日本の城写真集

日本の城写真集

備中松山城

(備中国/岡山県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

天守

二層二階の現存天守で、天守台石垣は岩盤上に築かれている。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られ「竪板張り」と呼ばれる。

公式動画チャンネル

写真

天守を見る。二層二階の現存天守で、天守台石垣は岩盤上に築かれている。

天守を見る。二層二階の現存天守で、天守台石垣は岩盤上に築かれている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を脇からみる。現在は石段を登ってアプローチするようになっているが、往時は左の接続廊下から手前に渡り廊下が伸び、八の平櫓に接続していた。天守には八の平櫓に入って多聞櫓を通って向かった。

天守を脇からみる。現在は石段を登ってアプローチするようになっているが、往時は左の接続廊下から手前に渡り廊下が伸び、八の平櫓に接続していた。天守には八の平櫓に入って多聞櫓を通って向かった。

天守入口に向かう石段。石垣は比較的小さな石で組まれている

天守入口に向かう石段。石垣は比較的小さな石で組まれている

天守には脇の接続廊下から入る。接続廊下は天守台石垣に接するように建てられており、天守地下一階の高さに相当する。

天守には脇の接続廊下から入る。接続廊下は天守台石垣に接するように建てられており、天守地下一階の高さに相当する。

天守南東側側面

天守南東側側面

天守南東側側面から背後に回り込む。腕木御門が見える

天守南東側側面から背後に回り込む。腕木御門が見える

天守裏側のようす

天守裏側のようす

天守を裏側から

天守を裏側から

備中松山城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

おすすめの本一覧へ
Page Top