大館城 | 日本の城写真集

大館城 | 日本の城写真集

大館城

出羽国(羽後)秋田県 / 収録写真枚数:6枚

  • slide
大館城の写真撮影スポット紹介

室町時代、比内地方は浅利氏が治めており、大館城は浅利勝頼により天正19年(1550)に築城されたと伝わる。当地は南部氏、秋田氏、津軽氏らの勢力争いの争点となり、慶長三年(1598)には秋田氏が浅利氏を滅ぼした。
関ヶ原合戦の後、秋田氏は常陸に転封され、かわって佐竹氏が入部し久保田藩を立藩した。その際、大館城には佐竹家家臣の小場義成が城代として入った。後年、小場氏は藩主から佐竹の姓を賜った。
幕末の慶応四年(1868)の戊辰戦争の際には久保田藩は新政府側についたが、奥州は他の殆どの大名が旧幕府側であり、大館城は南部家の攻撃を受け、その際に焼失した。現在城跡は本丸が公園として残っている。

室町時代、比内地方は浅利氏が治めており、大館城は浅利勝頼により天正19年(1550)に築城されたと伝わる。当地は南部氏、秋田氏、津軽氏らの勢力争いの争点となり、慶長三年(1598)には秋田氏が浅利氏を滅ぼした。関ヶ原合戦の後、秋田氏は常陸に転封され、かわって佐竹氏が入部し久保田藩を立藩した。戊辰戦争の際には南部家の攻撃を受け焼失した。

(2012/8/25 作成)

大館城の写真撮影スポット

大館城付近の地図

大館城が載っている本

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top