日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 肥前国 >> 獅子ヶ城

獅子ヶ城

獅子ヶ城(肥前国/佐賀県)

獅子ヶ城は治承~文治年間(1177~1190)に松浦党の源披(みなもとの ひらく)が築いたのが始まりである。披の子・持(たもつ)が平戸に拠点を移したため、廃城になったと言われる。その後、当地は波多氏の支配下に入るが、佐賀の龍造寺氏が勢力を伸ばすと獅子ヶ城付近が波多氏と龍造寺氏の勢力の接点となり、天文14年(1545)に波多氏は獅子ヶ城に鶴田前(すすむ)を入れて境界を固めた。文禄二年(1593)に波多氏が改易となる頃に鶴田氏は獅子ヶ城を退去したため廃城となった。
波多氏の後に寺沢氏が当地に封じられると、獅子ヶ城を石垣造りの城に造り替えた。その後江戸時代の一国一城令で廃城になった。
城は四方が絶壁で切り立った要害に位置し、現在でも城には寺沢氏時代の石垣が残る。

(2016/2/29 作成)



獅子ヶ城のみどころ
登城路
獅子ヶ城 登城路
三の丸北側
獅子ヶ城 三の丸北側
三の丸北側虎口
獅子ヶ城 三の丸北側虎口
井戸曲輪
獅子ヶ城 井戸曲輪
一の曲輪
獅子ヶ城 一の曲輪
二の曲輪
獅子ヶ城 二の曲輪
本丸
獅子ヶ城 本丸
本丸北西虎口
獅子ヶ城 本丸北西虎口
三の丸南側
獅子ヶ城 三の丸南側

城内地図(別窓)


肥前国の城
佐賀城
唐津城
名護屋城
平戸城
大村城
島原城
原城
獅子ヶ城
岸岳城
梶谷城
福江城

佐賀県の城
佐賀城
唐津城
名護屋城
獅子ヶ城
岸岳城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
獅子ヶ城 登城路

登城路

城の周囲は断崖絶壁

獅子ヶ城 三の丸北側

三の丸北側

三の丸は二の丸を囲む位置にあり、城内で最も広い曲輪である。礎石建物跡などが発掘されている。

獅子ヶ城 三の丸北側虎口

三の丸北側虎口

三の丸北側虎口を形成する石垣

獅子ヶ城 井戸曲輪

井戸曲輪

本丸の東側一段下にある曲輪。現在でも岩盤を削った溝や柱穴、井戸跡などが残る

獅子ヶ城 一の曲輪

一の曲輪

石垣造りの獅子ヶ城の中でも最も長い距離の石垣が残る

獅子ヶ城 二の曲輪

二の曲輪

城の南側から西側まで回り込むようにして横長に存在する曲輪。厩や馬場があったと伝わる。

獅子ヶ城 本丸

本丸

発掘調査により二棟の礎石建物跡が発見されている

獅子ヶ城 本丸北西虎口

本丸北西虎口

細い通路が石垣で厳重に守られた虎口跡が残る

獅子ヶ城 三の丸南側

三の丸南側

三の丸南側には櫓台跡が残る


▼獅子ヶ城付近の地図


大きな地図を見る

サイトトップ >> 肥前国 >> 獅子ヶ城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集