日本の城写真集

日本の城写真集

松阪城

(伊勢国/三重県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

蒲生氏郷は天正十二年(1582)に伊勢国に封じられ当初松ヶ島城を居城としたが、やがて天正十六年(1588)に松阪城を築城した。
氏郷が会津若松へ移封された後には、服部一忠、古田重勝が城主となった。元和五年(1619)には紀州藩領となり城代が置かれた。
かつては三層の天守も存在したが、天保元年(1644)の台風で天守は倒壊したと伝えられている。二の丸には寛政六年(1794)に紀州藩の陣屋が建てられていた。

日本百名城。蒲生氏郷が天正十六年(1588)に築城した。氏郷が会津若松へ移封された後には、服部一忠、古田重勝が城主となった。元和五年(1619)には紀州藩領となり城代が置かれた。総石垣作りの城で迫力に圧倒される。

(2008/2/3 作成、2013/7/19更新)

公式動画チャンネル

見どころ

表門

表門

松阪城跡碑が見える

遠見櫓・鐘の櫓

遠見櫓・鐘の櫓

鐘の櫓跡への階段

月見櫓・太鼓櫓

月見櫓・太鼓櫓

月見櫓跡

本丸

本丸

本丸への登り口。左右の2ルートがある

天守

天守

天守台跡

本丸敵見櫓跡

本丸敵見櫓跡

敵見櫓跡のようす

きたい丸

きたい丸

きたい丸の縁

角櫓跡~鐘の櫓跡

角櫓跡~鐘の櫓跡

角櫓跡

中御門跡

中御門跡

二の丸

二の丸

二の丸から見る石垣

裏門跡

裏門跡

隠居丸

隠居丸

御城番長屋

御城番長屋

文久三年(1863)に城の警護を担当する紀州藩士の御城番職が設けられ、番士のための住居として建てられた。

米蔵

米蔵

平屋建ての土蔵で、かつて隠居丸に建っていた3棟の土蔵のうちの米蔵で、当地に移築されたと伝わる。

移築城門(来迎寺裏門)

移築城門(来迎寺裏門)

移築城門(転輪寺南門)

移築城門(転輪寺南門)

松阪城付近の地図

松阪城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

三重の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top