日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 伊勢国 >> 大河内城

大河内城

大河内城(伊勢国/三重県)

大河内城は伊勢国のほぼ中央に位置する地に建つ城で、東の坂内川、西の矢津川に挟まれた要害に位置した。
応永十年(1403)に伊勢国司三代・北畠満雅が築いたのが城の始まりで、満雅の弟・顕雅が城主となり、大河内氏を称した。大河内氏は国司家三大将として重責を担った。戦国時代になると尾張の織田信長が伊勢に侵攻し、北畠家当主であった具教はこれに対応するため永禄11年(1563)に大河内城に居城を移した。翌年、具教は大河内城で信長の攻撃を迎え撃ち、見事撃退した。
最終的に北畠家は織田信長の子・信雄を養子に迎える条件で和睦し、信雄は大河内城に入ったが、天正3年(1575)に田丸城に移った際に大河内城は廃城となった。

(2013/7/20 作成)



大河内城のみどころ
搦手
大河内城 搦手
二の丸・馬場
大河内城 二の丸・馬場
本丸
大河内城 本丸
大手
大河内城 大手


伊勢国の城
松阪城
田丸城
津城
伊勢亀山城
神戸城
北畠氏館
霧山城
采女城
大河内城
五箇篠山城
桑名城
長島城

三重県の城
伊賀上野城
名張陣屋
松阪城
田丸城
津城
伊勢亀山城
神戸城
北畠氏館
霧山城
采女城
大河内城
五箇篠山城
桑名城
長島城
赤木城
鳥羽城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
大河内城 搦手

搦手

城の脇を流れる阪内川

大河内城 二の丸・馬場

二の丸・馬場

二の丸・馬場のようす

大河内城 本丸

本丸

本丸の背後にある西の丸への橋。本丸と西の丸を隔てる谷はマムシ谷と呼ばれる。織田信長軍は大河内城を攻撃した際にはマムシ谷から城を攻めたが、攻めあぐみ撃退された。

大河内城 大手

大手

大手方面のようす。段状の曲輪が設けられているのが分かる


▼大河内城付近の地図


大きな地図を見る

▼大河内城が載っている本
▽三重の山城ベスト50を歩く

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 伊勢国 >> 大河内城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集