日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

宇和島城の始まりは、天文15年(1546)に家藤監物が築いた板島丸串城と言われる。その後天正3年(1575)に西園寺宣久が領したが、豊臣秀吉の四国征伐後は小早川氏、次いで戸田氏の所領となった。
文禄4年(1595)には藤堂高虎が城主となり、城を拡張整備し本拠城とした。縄張りは高虎が行ったもので、城域の形が五角形である事が特徴である。その後富田氏を経て慶長19年(1614)に仙台藩主・伊達政宗の長男・宗秀が宇和島藩主に取り立てられた。この時城名が「宇和島城」と改められた。以降幕末まで伊達氏が藩主をつとめ、明治維新を迎えた。

天守の現存する城。日本百名城。天文15年(1546)に家藤監物が築いた板島丸串城が城の始まりと言われる。文禄4年に藤堂高虎が封じられ、のちに伊達宗秀(政宗の子)が宇和島藩主となり、この時城名が「宇和島城」と改められた。

(2009/1/30 作成)

公式動画チャンネル

宇和島城付近の地図

宇和島城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

司馬遼太郎と城を歩く

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top