日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
見どころ紹介

三刀屋城は古く鎌倉時代に築かれた城である。築城者は諏訪部扶長で、鎌倉幕府から三刀屋の地を与えられ、三刀屋氏を称した。室町時代から戦国時代にかけ、山名氏、京極氏に属した後、下剋上により出雲国を支配した尼子氏の有力家臣となった。のちに安芸の毛利氏が力を伸ばすと永禄五年(1562)に毛利家の家臣となり、三刀屋城は毛利氏の本拠である吉田郡山城から尼子氏の本拠・月山富田城へ向かう途上にも当たり、重要視された。三刀屋氏は永年毛利氏の家臣として活躍するが、天正六年(1588)に改易され、三刀屋城は廃城となった。

三刀屋城は古く鎌倉時代に築かれた城である。築城者は諏訪部扶長で、鎌倉幕府から三刀屋の地を与えられ、三刀屋氏を称した。室町時代から戦国時代にかけ、山名氏、京極氏、尼子氏、毛利氏の家臣となった。三刀屋氏は永年毛利氏の家臣として活躍するが、天正六年(1588)に改易され、三刀屋城は廃城となった。

(2013/10/20 作成)

公式動画チャンネル

三刀屋城付近の地図

三刀屋城が載っている本

廃城をゆく3

おすすめの本一覧へ
Page Top