日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 甲斐国

甲斐国(東海道)


躑躅ヶ崎館

躑躅ヶ崎館

日本百名城。甲斐の戦国大名・武田氏の本拠地で、武田信虎が永正16年に築いた。館は平地に築かれ、背後の山に要害山城を築き詰めの城とした。その後、信玄、勝頼も当館を本拠としたが、勝頼は防御力の低い躑躅ヶ崎館から新府城へ移転した

甲府城

甲府城

日本百名城。築城を開始したのは豊臣秀吉の甥・秀勝で、加藤光泰、浅野長政・幸長により築城された。慶長6年(1601)には平岩親吉、次いで徳川義直(家康の9男)、宝永2年(1705)に柳沢吉保が封じられた。以降は幕府直轄の城となった。

新府城

新府城

武田勝頼の築いた城。天正9年に甲斐の新しい首都として築かれた城で、対織田信長戦のために川沿いの断崖(七里岩)上に築いたものである。築城の翌年には信長の侵攻が本格化し、勝頼は自ら新府城を焼き払い城を退去した。

サイトトップ >> 甲斐国

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集