日本の城写真集

日本の城写真集

岩村城

(美濃国/岐阜県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

岩村城は源頼朝の重臣・加藤景廉が当地の地頭に任じられ築城したのが始まりである。築城年には諸説あるが、文治元年(1185)~建久6年(1195)の間と推測される。景廉の子孫は遠山氏を称し、以降室町末期・戦国時代まで美濃東部を支配した。
遠山景任の代になると織田信長の叔母(おつやの方)を娶り、また信長の子・勝長を養子とするなど、信長の配下となった。しかし景任は元亀3年(1572)に死去し、子の勝長も幼かったため、おつやの方が城主をつとめた。これが有名な「女城主」である。
しかし信濃方面からの武田信玄軍の圧力が次第に強くなり開城、おつやの方は信玄の部下で美濃方面攻略軍の司令官であった秋山信友と再婚した。信長はこれに怒り、天正3年(1575)に岩村城を攻め落とし、秋山信友とおつやの方を磔の刑に処した。
これにより信長の部下である河尻秀隆が城主となり、武田氏打倒後は森成利(蘭丸)、本能寺の変後に森長可、小牧・長久手の戦い後に森忠政、次いで田丸直昌、関ヶ原合戦後には松平家乗(大給(おぎゅう)松平家)と城主が代わった。
江戸時代は岩村藩藩庁となり大給松平家、丹羽家、のちに再度大給松平家と藩主が代わり幕末に至った。
城は山中に築かれ、日本三大山城の一つに数えられる。ただし藩主邸は山麓に存在し藩政を執り行った。現在山城には石垣などが残り、藩主邸跡には太鼓櫓などが復元されている。

三大山城、日本百名城。戦国時代には「女城主」などの逸話が残り、江戸時代は岩村藩藩庁となり大給松平家、丹羽家、のちに再度大給松平家と藩主が代わり幕末に至った。現在山城には石垣などが残り、藩主邸跡には太鼓櫓などが復元されている。

(2008/10/26 作成、2013/8/11 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

太鼓櫓

太鼓櫓

近年建てられたもの。往時も太鼓櫓で太鼓を打ち鳴らすことで、城下に時を伝えた。

長屋門

長屋門

櫓

櫓を内側から

薬医門

薬医門

知新館正門

知新館正門

岩村藩の藩校であった知新館の正門。知新館は元禄十五年(1702)に藩主・松平乗紀が開いたもので、全国の藩校の中でも早い時期に開かれた。

埋門

埋門

埋門を内側から

藩主邸の外郭

藩主邸の外郭

藩主邸

藩主邸

藩主邸跡のようす

登城路

登城路

藩主邸からの登城路

一の門跡

一の門跡

一の門跡。突き当たり部で右に折れるが、その部分に櫓門があった。また正面には番所が存在した。

土岐門跡

土岐門跡

門は現在岩村市飯羽間の徳祥寺に移築され現存する。土岐門の名は、遠山氏が土岐氏の居城を攻略し、その門を移築したという伝承から付けられた。

追手門跡

追手門跡

追手門の石垣。往時は現在の通路部は空堀となっており、畳橋と呼ばれる橋が渡されていた。また正面には三重櫓が聳え立っていた

三の丸

三の丸

霧ヶ井

二の丸

二の丸

二の丸石垣。往時には菱櫓が建っていた

東曲輪

東曲輪

東曲輪前の六段石垣。落とし積みで江戸時代後期のものと思われる。

本丸

本丸

本丸下段への降り口

帯曲輪

帯曲輪

本丸埋門下付近の帯曲輪。本丸石垣は2段になっている

移築城門(徳祥寺山門)

移築城門(徳祥寺山門)

かつての岩村城の土岐門。明治初年に岩村市飯羽間の徳祥寺に払い下げられ移築された。

伝移築城門(妙法寺山門)

伝移築城門(妙法寺山門)

不明門を移築したと伝わる。

移築社殿(八幡神社)

移築社殿(八幡神社)

かつて岩村城城内にあった八幡神社が移築されている。八幡神社は岩村城築城時から続き、代々の城主から崇拝されていた。

移築土蔵(勝川家土蔵)

移築土蔵(勝川家土蔵)

勝川家は城下町の商家で、その土蔵は岩村城内からの移築と伝わる。主屋も江戸後期の建築と思われる。

伝移築御殿茶室(飯高観音茶室)

伝移築御殿茶室(飯高観音茶室)

応永年間(1704~1710)に建てられた御殿の茶室を移築したものと伝わる。

霧の岩村城

霧の岩村城

岩村城付近の地図

岩村城が載っている本

戦国武田の城

廃城をゆく

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

戦国の山城をゆく―信長や秀吉に滅ぼされた世界

Discover Japan 2013年6月号

おすすめの本一覧へ
Page Top