日本の城写真集

日本の城写真集

久々利城

(美濃国/岐阜県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

久々利城は美濃国守護・土岐氏の一族・久々利氏の居城で、南北朝時代から当地を支配した。美濃を斎藤道三が支配した時代には、烏峰城主(金山城)であった道三の養子・斎藤妙春を討った。これは道三の意を受けたものとも言われる。その後久々利氏は織田信長の支配下に入るが、本能寺の変直後に金山城主の森長可と敵対。一時は和睦するものの久々利氏当主の悪五郎が謀殺され、久々利城も落城した。
以降は森家の支城となるが、関ヶ原合戦後に廃城となった。しかし当地に千村氏が封じられ、城の山麓に陣屋が開かれた。
城は東側の城郭と西側の居館からなるが、現在見学できるのは東側の城郭部分で、非常に良い整備がされており、見学しやすい。

久々利城は美濃国守護・土岐氏の一族・久々利氏の居城で、南北朝時代から当地を支配した。久々利氏は斎藤道三、のちに織田信長の支配下に入る。本能寺の変後には金山城主の森長可と敵対し、久々利城は落城した。当地には千村氏が封じられ、城の山麓に陣屋が開かれた。

(2018/4/8 作成)

公式動画チャンネル

見どころ

城への道

城への道

ここから城の中心部に向かう。幟が立てられ、雰囲気を盛り上げる。

枡形虎口

枡形虎口

城域に入る。左には切岸が見える。正面には枡形虎口があり、右手の土塁で枡形を形造る。

三の丸

三の丸

三の丸から二の丸・本丸を見る。切岸の木々は伐採され、見学しやすい。

二の丸

二の丸

二の丸のようす。右手の切岸上には本丸がある。

本丸

本丸

本丸のようす。それ程広さは無い

奥の院

奥の院

本丸から奥の院を見る

見張郭

見張郭

最高部にある郭で、その名の通り見張り番が居たのだろうか。

二重堀切

二重堀切

二重堀切の一つが右に見える。正面の高まりの左手にもう一つの堀切がある

西側尾根

西側尾根

現在整備されている城跡の西側の尾根にも城郭遺構がある。寺院の裏側の山に当たる。

千村氏屋敷跡

千村氏屋敷跡

久々利城下にある屋敷跡。千村氏は信濃国木曽の出身で、木曽氏のち徳川氏に仕え関ヶ原合戦で功を挙げ、当地4600石を得て屋敷を置いた。

春秋園

春秋園

千村氏屋敷北側にあった庭園。千村政成が宝暦六年(1756)頃に造った花木園を、仲雄が文政11年(1828)頃に池泉回遊式の庭園に改修した。

久々利城付近の地図

Page Top