日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

川越城は、長禄元年(1457)に扇谷上杉持朝の命を受けて太田道真・道灌父子が築き、扇谷上杉氏の本拠地となった。当時は河越と表記された。
天文六年(1537)には相模の北条氏が川越城を攻略し、扇谷上杉氏は武蔵松山城へ退去した。川越城奪還を目指す扇谷上杉朝定は天文15年(1546)に山内上杉氏・古河公方足利氏と共同して北条氏を攻撃する。しかし北条軍の夜襲を受け敗走、朝定は戦死し扇谷上杉氏は滅亡した。この戦いは川越夜戦と呼ばれる。
天正十八年(1590)の豊臣秀吉による北条氏攻めでは、前田利家の攻撃を受け落城した。徳川家康の関東入封後は酒井氏が城主となり、江戸の北西の守りを固めた。
寛永十六年(1639)には松平信綱が城地を拡大し、嘉永元年(1848)には本丸御殿が建造され、この御殿は現存する。

日本百名城。長禄元年に扇谷上杉氏家臣の太田道真・道灌父子が築いた。当時は河越と表記された。天文六年には相模の北条氏が川越城を攻略。豊臣秀吉の関東攻めで落城した。嘉永元年には本丸御殿が建造され、この御殿は現存する。

(2008/2/9 作成)

公式動画チャンネル

川越城付近の地図

川越城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

司馬遼太郎と城を歩く

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top