日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

小机城は武蔵・相模の国境である鶴見川沿いに築かれた城である。当地は山内上杉家の領地であったが、のちに後北条家の支配下に入った。大永4年(1524)に北条氏尭が城主となるなど、北条家の関東支配の要地を占めた。北条家が豊臣秀吉により滅ぼされると廃城になった。
現在城跡は第三京浜に分断されるが、整備は行き届いており、孟竹宗の竹林となっている。都会の中の過去を伝える城跡として貴重な存在である。

武蔵・相模の国境である鶴見川沿いに築かれた城。当地は山内上杉家の領地であったが、のちに後北条家の支配下に入った。大永4年(1524)に北条氏尭が城主となるなど、北条家の関東支配の要地を占めた。現在城跡は第三京浜に分断されるが、整備は行き届いており、孟竹宗の竹林となっている。

(2012/5/27 作成)

公式動画チャンネル

小机城付近の地図

小机城が載っている本

廃城をゆく

廃城をゆく3

関東の名城を歩く 南関東編: 埼玉・千葉・東京・神奈川

おすすめの本一覧へ
Page Top