日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
見どころ紹介

八戸城は馬淵川と新井田川に挟まれた丘陵に築かれた城である。八戸地方は南部一族である八戸南部氏(八戸氏)が治め、その本拠は根城であった。八戸氏は寛永四年(1627)に遠野へ転封され、その際に八戸城が築城された。その後、南部家は当主の南部重直が死去した際に世継ぎを定めていなかったため、形上取りつぶしとなり、改めて重直の弟・重信が藩主の盛岡藩八万石と、その弟・直房が藩主の八戸藩二万石に分けられ八戸藩が誕生した。八戸城はこの時八戸藩の首府となり、城が拡張されたと言う。現在、城跡は三八公園として整備されている。

八戸城は馬淵川と新井田川に挟まれた丘陵に築かれた城。南部家は寛永四年(1627)に根城を廃し八戸城を築城した。その後、南部家の支藩である八戸藩が誕生し、八戸城はこの時八戸藩の首府となり、城が拡張されたと言う。現在、城跡は三八公園として整備されている。

(2012/8/18 作成)

公式動画チャンネル

八戸城付近の地図

八戸城が載っている本

お城の手帖

おすすめの本一覧へ
Page Top