日本の城写真集

日本の城写真集

佐和山城

(近江国/滋賀県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

佐和山城は、鎌倉時代初期に佐々木時綱が山麓に館を築いたのが始まりと言われる。その後、近江国は湖南の六角氏と湖北の京極氏が争い、のちに京極氏に代わって浅井氏が台頭し、常に佐和山城はその攻防の舞台となった。
浅井氏が織田信長と敵対すると、佐和山城は織田軍の攻撃を受け、城主の磯野員昌は奮闘するものの浅井氏の援軍がなく、元亀2年(1571)には降伏した。以降は信長の支配下に入り、信長の部下である丹羽長秀が城主となった。
信長の死後、豊臣秀吉の時代になると、秀吉の部下である石田三成が城主となった。三成は城を拡張し、巨大な天守や多くの建造物を建て、「三成に過ぎたるもの二つあり 島の左近と佐和山の城」という言葉も生まれた。
豊臣政権の五奉行であった三成は、失脚後は佐和山城に蟄居し、打倒家康の策を練り時期を窺った。佐和山城から上杉家、毛利家、宇喜多家などと連携し挙兵するが、関ヶ原の合戦で敗北した。合戦後、東軍へ寝返った小早川秀秋らが徳川家康らに命じられ、佐和山城を囲んだ。三成は戦場から脱出したものの佐和山城には帰れず、留守を三成の父・正継、兄・正澄らが守っていたが、1日の攻防ののち落城した。
戦後佐和山には家康の家臣である井伊直政が封じられた。直政は琵琶湖畔の彦根への本拠移転を計画し、直政は間もなく死去したものの、その子の直継の代に彦根城を築城し、佐和山城は廃城となった。

戦国時代には六角氏、浅井氏、織田氏が支配し、重要な役割を果たした。秀吉の時代には石田三成が城主となった。三成は失脚後に佐和山城に蟄居し、打倒家康の策を練った。挙兵し関ヶ原合戦に及ぶが敗北し、城は東軍の包囲を受けて落城した。

(2009/6/6 作成)

公式動画チャンネル

見どころ

城下

城下

佐和山城跡の遠景

城内

城内

僅かに残る本丸石垣。

移築城門(宗安寺赤門)

移築城門(宗安寺赤門)

彦根城からほど近い市街地にある宗安寺赤門。佐和山城表門の移築と伝わる。

移築城門(光源寺山門)

移築城門(光源寺山門)

佐和山城から南に10km程のところにある光源寺に佐和山城の城門が移築されている。切通口の枡形門であったとのこと。

佐和山城付近の地図

佐和山城が載っている本

廃城をゆく

廃城をゆく 2

よみがえる日本の城

松平定知さんと歩く 全国名城・古戦場めぐり

関西の城―あっぱれ!愉快な城と城下町遊び

戦国廃城紀行---敗者の城を探る

おすすめの本一覧へ
Page Top