日本の城写真集

日本の城写真集

高島城

(信濃国/長野県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

高島城は、諏訪に封じられた豊臣秀吉の配下・日根野高吉が天正20年(1592)に築城を開始し、慶長3年(1598)に完成した。かつては城は諏訪湖に面していたため、「諏訪の浮城」と呼ばれた。今は埋め立てが進み、湖に面してはいない。
関ヶ原合戦後はかつて諏訪を支配していた諏訪氏が藩主として復活した。明治四年(1871)に廃城となったが、天守や櫓、門などが1970年に復興された。

三大湖城(諏訪湖畔)。秀吉の配下・日根野高吉が1592年に築城を開始、1598年に完成した。かつては城の際まで諏訪湖迫っていたため、「諏訪の浮城」と呼ばれた。天守や櫓、門などが1970年に復興された。

(2007/10/27 作成、2014/12/28 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

天守

天守

明治四年(1871)に廃城となったが、天守や櫓、門などが1970年に復興された。

天守内

天守内

天守から諏訪湖方面を見る。今は城は諏訪湖には面していない。

冠木門・冠木橋

冠木門・冠木橋

冠木門と冠木橋。奥に天守が見える

角櫓

角櫓

御川渡門跡

御川渡門跡

現在は三の丸御殿の裏門が移築されている。

土戸門跡

土戸門跡

本丸の裏口に当たり、商人や職人らがこの門を用いたと言う。

移築城門(温泉寺山門)

移築城門(温泉寺山門)

高島城からの移築建築。。明治三年に温泉寺が火災に遭ったのち、高島城から本堂とともに移築したもの。

移築能舞台(温泉寺本堂)

移築能舞台(温泉寺本堂)

高島城能舞台を移築したもの。能舞台は文政十年(1827)の建築。

移築城門(常光寺山門)

移築城門(常光寺山門)

高島城から明治維新の際に移築された。

高島城付近の地図

高島城が載っている本

よみがえる日本の城

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

長野の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top