日本の城写真集

日本の城写真集

龍岡城

(信濃国/長野県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

龍岡城は幕末の慶應三年(1867)に完成した城で、北海道の五稜郭と同じく星形の西洋式の城郭である。星形の城郭は当時西洋から持ち込まれた築城技術であり、その技術が龍岡城の築城に採用された。当時当地を支配していたのは三河奥殿藩・松平氏で、当地に奥殿藩の飛び地があったが、石高は奥殿よりも当地の方が高かった。そこで藩主の松平乗謨(のりかた)は当地に藩の本拠を移すことを考え、龍岡城を築いたのである。
しかし、間もなく明治維新を迎え、明治四年(1871)には廃城となり、城として機能したのはわずか四年程であった計算になる。
現在でも星形の城跡外郭に石垣・堀が残る他、台所が現存する。

龍岡城は幕末の慶應三年(1867)に完成した城で、北海道の五稜郭と同じく星形の西洋式の城郭である。星形の城郭は当時西洋から持ち込まれた築城技術であり、その技術が龍岡城の築城に採用された。現在でも星形の城跡外郭に石垣・堀が残る他、台所が現存する。

(2014/11/15 作成)

公式動画チャンネル

見どころ

大手門

大手門

大手門前の橋

東側

東側

堀と石垣

西側

西側

堀と石垣

城跡

城跡

堀を扼する石垣

御台所

御台所

御台所の背後

御台所の背後

外郭虎口

外郭虎口

龍岡城北側の外郭の枡形石垣

移築大広間(時宗寺本堂)

移築大広間(時宗寺本堂)

移築城門(成田山薬師寺山門)

移築城門(成田山薬師寺山門)

龍岡城の東通用門を移築したもの

龍岡城付近の地図

龍岡城が載っている本

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

長野の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top