日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

深沢城は駿河の戦国大名・今川氏が築いたと言われる。今川氏が甲斐の武田氏に滅ぼされると武田氏の支配下に入ったが、相模の北条氏が攻略し、北条綱成が城主を務めた。しかし元亀元年(1570)には武田氏が攻撃を開始、翌年開城し再び武田氏が城を支配した。
武田氏滅亡後は徳川家康の支配下に入り、対北条氏最前線の城として機能した。北条氏滅亡後に城の役目を終え、廃城となった。
城は足柄街道を扼する要衝に位置し、抜川と馬伏川に挟まれた台地に築かれていた。武田氏の城特有の三日月堀等が残る。

駿河の戦国大名・今川氏が築いたと言われる。以降、今川氏、北条氏、武田氏の間で争奪戦が行われた。武田氏滅亡後は徳川家康の支配下に入り、対北条氏最前線の城として機能した。北条氏滅亡後に城の役目を終え、廃城となった。

(2008/12/12 作成)

公式動画チャンネル

深沢城付近の地図

深沢城が載っている本

戦国武田の城

静岡の山城ベスト50を歩く

おすすめの本一覧へ
Page Top