駿府城 | 日本の城写真集

駿府城 | 日本の城写真集

駿府城

駿河国静岡県 / 収録写真枚数:48枚

  • 駿府城 大手御門跡
  • 駿府城 巽櫓
  • 駿府城 東御門(高麗門)
  • 駿府城 東御門(櫓門)
  • 駿府城 東御門(多聞櫓)
  • 駿府城 本丸堀・二の丸水路
  • 駿府城 北御門跡
  • 駿府城 清水御門跡・天守跡
  • 駿府城 未申櫓跡・二の丸御門跡
  • 駿府城 四足御門跡
駿府城の写真撮影スポット紹介

室町時代に今川氏が駿河国の守護になり、駿府に本拠地を置いた。今川義元の時代には、徳川家康が人質として駿府で過ごした。
やがて今川家が武田家によって駿河から追われ、駿府は武田氏の支配下に入り、その後武田氏の滅亡により徳川家康の支配下となった。この時徳川家康が駿府城の築城を行い、天正17年(1589)に完成した。しかし家康は豊臣秀吉によって関東に移封され、それに伴い秀吉の家臣中村一氏が駿府城主となった。
関ヶ原合戦後に家康は将軍職を秀忠に譲り、自身は駿府城を隠居のための城として修築を行い、江戸幕府は江戸と駿府の二元政治が行われた。江戸時代には度重なる火災・地震に見舞われたが、その度に修築が行われた。しかし、明治維新に伴い明治3年(1870)に廃城となった。

日本百名城。 室町時代に今川氏が駿府に本拠地を置いたが、駿府は武田氏の支配下に入った。その後武田氏の滅亡により徳川家康の支配下となり、この時駿府城が築城された。関ヶ原合戦後に家康は自身は駿府城を隠居のための城として修築を行った。

(2008/2/13 作成、 2013/2/2 更新)

駿府城付近の地図

駿府城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

静岡の山城ベスト50を歩く

静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり 加藤理文著

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

歴史REAL 天下人の城

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

おすすめの本一覧へ
Page Top