日本の城写真集

日本の城写真集

小浜城

(若狭国/福井県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

関ヶ原合戦前には当地には山城の後瀬山城があったが、合戦後に京極高次が当地に封じられると、後瀬山城を廃して小浜城を築いた。城は北川・南川に挟まれた中州に位置し、かつ背後を日本海に守られた要衝であった。
京極氏の後は酒井氏が封じられ、この時に天守があげられた。時に寛永19年(1641)の事である。その後幕末まで酒井家が城主を務め、明治維新を迎えたが、明治4年(1871)に火災により城の大部分を焼失してしまった。
以後、城跡には小浜神社が建てられ、また天守台などの石垣が残る。

関ヶ原合戦前には当地には山城の後瀬山城があったが、合戦後に京極高次が当地に封じられると、後瀬山城を廃して小浜城を築いた。城は北川・南川に挟まれた中州に位置し、かつ背後を日本海に守られた要衝であった。京極氏の後は酒井氏が封じられ、この時に天守があげられた。時に寛永19年(1641)の事である。

(2007/7/11 作成、2015/9/22 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

川沿いから見る小浜城

川沿いから見る小浜城

多田川沿いから見る小浜城。小浜城は北は多田川、南は南川に挟まれた中州に建つ。

小濱神社

小濱神社

城跡は現在小濱神社となっている。

蜘手櫓台

蜘手櫓台

神社入口脇にある蜘手櫓台の石垣を外側から。往時は水堀に面していたが、今は道路となっている。

天守台

天守台

西櫓台・乾櫓台・本丸西虎口

西櫓台・乾櫓台・本丸西虎口

外側から見る西櫓台(右)、乾櫓台(左)

毘沙門櫓台

毘沙門櫓台

毘沙門櫓台跡の石垣

巽櫓台

巽櫓台

巽櫓台跡の石垣

旧順造館正門

旧順造館正門

順造館は小浜藩の藩校で、この門は天保5年(1834)に建てられたもの。現在は若狭高校に移築されている。

小浜城付近の地図

小浜城が載っている本

よみがえる日本の城

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top