日本の城 写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 越前国

越前国(北陸道)


福井城

福井城

元の城名は北ノ庄城と呼ばれ、織田信長の家臣・柴田勝家が北陸方面の経営の本拠地として築いたもの。関ヶ原合戦後には、徳川家康の子・結城秀康が当地に封じられ、城を大幅に拡張した。寛永元年(1624)には城名が福井城と改められた。

北ノ庄城

北ノ庄城

織田信長は北陸地方を手に入れると、越前国を柴田勝家に与え北陸方面の経営を任せ、勝家はその本拠地として北ノ庄城を築いた。上がった天守は9層もあったと伝わる。本能寺の変によって信長が戦死すると、勝家は羽柴秀吉との決戦に敗北。北ノ庄城に籠り、妻で信長の妹・お市の方とともに自害した。

丸岡城

丸岡城

天守の現存する城。日本百名城。 福井県坂井市にある城。1576年に柴田勝豊(柴田勝家の甥)が築城した平山城。二重三層の天守は日本最古のものとも言われる。壁は下見板張であり、また屋根瓦は越前地方特有の笏谷石でできている。

一乗谷城

一乗谷城

日本百名城。 一乗谷川沿いの谷に開けた土地にある。越前国を支配した朝倉氏の本拠地として繁栄した。 応仁の乱で京都が荒れると、多くの人が一乗谷へ逃げてきたため、京文化が栄えた。近年は発掘や町並の復元、庭園の整備などが行われている。

越前大野城

越前大野城

織田信長は越前の戦国時代・朝倉氏を滅ぼすと、大野郡を家臣・金森長近に与え、長近が越前大野城を築いた。江戸時代初頭には福井の結城秀康(家康の子)の支城となった。天和2年に土井氏が封じられて以降、幕末まで土井氏が代々藩主を務めた。

玄蕃尾城

玄蕃尾城

越前と近江の国境にある内中尾山城に築かれた城。賤ヶ岳の戦いで柴田勝家が本陣を置いた城で、縄張りは特に南方に対して、馬出郭や腰郭、複数の連続する虎口などを用いて厳重な守りを見せる。賤ヶ岳の戦い以降城は使われていないため、現在みられる城の姿は、合戦当時のものがそのまま残る貴重なものである。また、城は綺麗に整備され遺構が非常に分かりやすい。

サイトトップ >> 越前国

Copyright(C) 2007-2017 日本の城 写真集