神戸城 移築櫓(蓮花寺鐘楼) | 日本の城写真集

神戸城 移築櫓(蓮花寺鐘楼) | 日本の城写真集

  • 神戸城 移築櫓(蓮花寺鐘楼) 移築櫓(蓮花寺鐘楼)。神戸城の太鼓櫓であったもの。明治8~9年の廃城の際に移築された。建造年代は不明だが、江戸時代後期(寛延元年(1748)以降)と考えられるとのこと。
  • 神戸城 移築櫓(蓮花寺鐘楼) 太鼓櫓を別角度から。
  • 神戸城 移築櫓(蓮花寺鐘楼) かつて太鼓櫓であったこの建物は、櫓上部の連子が特徴。また、漆喰の垂れ下がりも特徴である。
神戸城写真撮影スポット紹介

神戸城の太鼓櫓であったもの。明治8~9年の廃城の際に移築された。建造年代は不明だが、江戸時代後期(寛延元年(1748)以降)と考えられるとのこと。

写真

移築櫓(蓮花寺鐘楼)。神戸城の太鼓櫓であったもの。明治8~9年の廃城の際に移築された。建造年代は不明だが、江戸時代後期(寛延元年(1748)以降)と考えられるとのこと。

移築櫓(蓮花寺鐘楼)。神戸城の太鼓櫓であったもの。明治8~9年の廃城の際に移築された。建造年代は不明だが、江戸時代後期(寛延元年(1748)以降)と考えられるとのこと。

太鼓櫓を別角度から。

太鼓櫓を別角度から。

かつて太鼓櫓であったこの建物は、櫓上部の連子が特徴。また、漆喰の垂れ下がりも特徴である。

かつて太鼓櫓であったこの建物は、櫓上部の連子が特徴。また、漆喰の垂れ下がりも特徴である。

神戸城が載っている本

三重の山城ベスト50を歩く 福井 健二

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top