日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

岸和田城は、建武元年(1334)に楠正成の一族である和田氏が築城したのが始まりと言われる。
その後、細川氏、三好氏などの支配下に入り、天正13年(1585)には豊臣秀吉の部下・小出秀政が城主となった。この時天守もあげられたと言う。
江戸時代の寛永17年(1640)には岡部氏が入城し、以降幕末まで岡部氏が城主を務めた。明治維新により廃城となったが、天守は昭和29年に復興された。

建武元年に楠正成の一族である和田氏が築城したのが始まりと言われる。その後、天正13年には豊臣秀吉の部下・小出秀政が城主となった。寛永17年には岡部氏が入城し、以降幕末まで岡部氏が城主を務めた。天守は昭和29年に復興された。

(2007/8/8 作成)

公式動画チャンネル

岸和田城付近の地図

岸和田城が載っている本

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

関西の城―あっぱれ!愉快な城と城下町遊び

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top