金沢城 三十間長屋 | 日本の城写真集

金沢城 三十間長屋 | 日本の城写真集

  • 金沢城 三十間長屋 極楽橋から見る三十間長屋
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋。1759年に焼失したのち、安政五年(1858)に再建された長屋。重要文化財。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋。実際には長さは26.5間である。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋。本丸付段という郭に建つ。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋。長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。
  • 金沢城 三十間長屋 長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋の北面。北面は切妻造り。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋の東面。中央の出窓は石垣上に乗り、千鳥破風の屋根が付く。
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋の南面。南面は入母屋造り。
  • 金沢城 三十間長屋 北の出窓から中央の出窓を見る
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋内のようす
  • 金沢城 三十間長屋 二階への階段
  • 金沢城 三十間長屋 二階のようす。屋根には曲がった木材が用いられている。
  • 金沢城 三十間長屋 南面の唐破風の内部
  • 金沢城 三十間長屋 三十間長屋のある本丸付段の石垣
金沢城写真撮影スポット紹介

1759年に焼失したのち、1858年に再建された長屋で、重要文化財。実際には長さは26.5間である。東面には出窓が3つ設けられており、櫓台石垣は切込ハギ。

写真

極楽橋から見る三十間長屋

極楽橋から見る三十間長屋

三十間長屋。1759年に焼失したのち、安政五年(1858)に再建された長屋。重要文化財。

三十間長屋。1759年に焼失したのち、安政五年(1858)に再建された長屋。重要文化財。

三十間長屋。実際には長さは26.5間である。

三十間長屋。実際には長さは26.5間である。

三十間長屋。本丸付段という郭に建つ。

三十間長屋。本丸付段という郭に建つ。

三十間長屋。長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。

三十間長屋。長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。

長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。

長屋の乗る石垣は、切り込みハギの石垣だが、表面の膨らみは加工されていない。「金場取り残し積み」と呼ばれる積み方である。

三十間長屋の北面。北面は切妻造り。

三十間長屋の北面。北面は切妻造り。

三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。

三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。

三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。

三十間長屋の東面。出窓が合計3つ設けられ、両端の出窓は唐破風が付く。

三十間長屋の東面。中央の出窓は石垣上に乗り、千鳥破風の屋根が付く。

三十間長屋の東面。中央の出窓は石垣上に乗り、千鳥破風の屋根が付く。

三十間長屋の南面。南面は入母屋造り。

三十間長屋の南面。南面は入母屋造り。

北の出窓から中央の出窓を見る

北の出窓から中央の出窓を見る

三十間長屋内のようす

三十間長屋内のようす

二階への階段

二階への階段

二階のようす。屋根には曲がった木材が用いられている。

二階のようす。屋根には曲がった木材が用いられている。

南面の唐破風の内部

南面の唐破風の内部

三十間長屋のある本丸付段の石垣

三十間長屋のある本丸付段の石垣

金沢城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

戦国の北陸動乱と城郭 佐伯哲也著

おしろツアーズ

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

おすすめの本一覧へ
Page Top