金沢城 玉泉院丸庭園 | 日本の城写真集

金沢城 玉泉院丸庭園 | 日本の城写真集

  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸口から場内を見る
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸口からいもり堀を見る
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸庭園は明治時代に一度無くなったが、平成27年に復元された。園内は写真のように整備が行き届いている。整備に当たっては、全体的に盛り土をし、往時の以降は地中に保存している。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸庭園の全景。池に大中小3つの島がうかび、橋で結ばれている。芝生と松の緑が鮮やか。庭園の向こうには美しい石組みが見える。水は辰巳用水から引いてきていた。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 京都の庭師剣左衛門を招き、寛永11年(1634)に前田利常によって建設が始められた。その後、江戸時代を通じて拡張・改変が行われた。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 庭園は絵図や発掘結果を元に復元された。石や木などには地物のものが用いられている。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸から見る石垣
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院丸から見る三十間長屋
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 玉泉院とは二代・前田利長正室の名で、慶長19年(1614)に屋敷が建てられた。その後元和9年(1623)に玉泉院は死去し、その後玉泉院丸と呼ばれ庭園が造られた。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 石橋とプラットフォーム状の船着場。石橋には戸室石が用いられている
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 兼六園は対外用途の庭園であったが、玉泉院庭園はプライベートな役割であった。
  • 金沢城 玉泉院丸庭園 唐傘。資料や古写真などを参考に復元されたもの。天保三年(1832)に十三代・斉泰が作った。
金沢城写真撮影スポット紹介

明治時代に一度無くなったが、平成27年に復元された。池に大中小3つの島がうかび、橋で結ばれている。芝生と松の緑が鮮やか。向こうには美しい石組みが見える。

写真

玉泉院丸口から場内を見る

玉泉院丸口から場内を見る

玉泉院丸口からいもり堀を見る

玉泉院丸口からいもり堀を見る

玉泉院丸庭園は明治時代に一度無くなったが、平成27年に復元された。園内は写真のように整備が行き届いている。整備に当たっては、全体的に盛り土をし、往時の以降は地中に保存している。

玉泉院丸庭園は明治時代に一度無くなったが、平成27年に復元された。園内は写真のように整備が行き届いている。整備に当たっては、全体的に盛り土をし、往時の以降は地中に保存している。

玉泉院丸庭園の全景。池に大中小3つの島がうかび、橋で結ばれている。芝生と松の緑が鮮やか。庭園の向こうには美しい石組みが見える。水は辰巳用水から引いてきていた。

玉泉院丸庭園の全景。池に大中小3つの島がうかび、橋で結ばれている。芝生と松の緑が鮮やか。庭園の向こうには美しい石組みが見える。水は辰巳用水から引いてきていた。

京都の庭師剣左衛門を招き、寛永11年(1634)に前田利常によって建設が始められた。その後、江戸時代を通じて拡張・改変が行われた。

京都の庭師剣左衛門を招き、寛永11年(1634)に前田利常によって建設が始められた。その後、江戸時代を通じて拡張・改変が行われた。

庭園は絵図や発掘結果を元に復元された。石や木などには地物のものが用いられている。

庭園は絵図や発掘結果を元に復元された。石や木などには地物のものが用いられている。

玉泉院丸から見る石垣

玉泉院丸から見る石垣

玉泉院丸から見る三十間長屋

玉泉院丸から見る三十間長屋

玉泉院とは二代・前田利長正室の名で、慶長19年(1614)に屋敷が建てられた。その後元和9年(1623)に玉泉院は死去し、その後玉泉院丸と呼ばれ庭園が造られた。

玉泉院とは二代・前田利長正室の名で、慶長19年(1614)に屋敷が建てられた。その後元和9年(1623)に玉泉院は死去し、その後玉泉院丸と呼ばれ庭園が造られた。

石橋とプラットフォーム状の船着場。石橋には戸室石が用いられている

石橋とプラットフォーム状の船着場。石橋には戸室石が用いられている

兼六園は対外用途の庭園であったが、玉泉院庭園はプライベートな役割であった。

兼六園は対外用途の庭園であったが、玉泉院庭園はプライベートな役割であった。

唐傘。資料や古写真などを参考に復元されたもの。天保三年(1832)に十三代・斉泰が作った。

唐傘。資料や古写真などを参考に復元されたもの。天保三年(1832)に十三代・斉泰が作った。

金沢城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

戦国の北陸動乱と城郭 佐伯哲也著

おしろツアーズ

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

おすすめの本一覧へ
Page Top