日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 三河国

三河国(東海道)


岡崎城

岡崎城

日本百名城。龍城とも呼ばれ、菅生川(現在は乙川)沿いの台地に築かれた城である。15世紀中頃に西郷頼嗣が築いたのが始まりで、のちに徳川家康の祖父・松平清康が西郷氏を倒し入城し、改修を行った。松平家は以降岡崎城を本拠とした。

西尾城

西尾城

城の始まりははっきりしないが、徳川家康の支配下であった事は判明している。家康の関東移封に伴い、岡崎城の田中吉政の支配下に入った。関ヶ原合戦後は本多康俊が城主となった。以降江戸時代は西尾藩の藩庁となり、幕末に至り廃城された。

吉田城

吉田城

もとは今橋城と呼ばれ、永正2年(1505)に牧野古白が築いた。城の背後には豊川が流れ、朝倉川が合流している。天文15年(1546)に今川氏が城を落として以降は今川氏の支配下に入るが、永禄8年(1565)以降は徳川家康が支配した。

田原城

田原城

文明12年頃に戸田宗光によって築かれた城である。天文16年に戸田氏は松平氏から今川氏への人質(徳川家康)を護送する任を請け負うが、今川氏を裏切り人質を尾張の織田氏に送り、今川氏の怒りを買い攻撃を受けて落城、吉田城を追われた。

大給城

大給城

代々大給松平氏の居城で、松平宗家のちに徳川家に仕えた。徳川家康の関東移封に従い、大給城は廃城となった。九久平を見下ろす山城で、九久平には巴川が流れ、足助街道と新城街道が交わる交通の要衝に位置した。この城の特徴は城内に巨石が多数存在することである。巨石を利用した防御構造を用い、迫力もある。また城の北側には水の手があり、石垣により防御されている。

市場城

市場城

文亀二年(1502)に鈴木親信が築いたのが城の始まりで、以降天正18年(1590)まで鈴木家の居城であった。鈴木家は徳川家康の家臣として活躍し、天正11年(1583)に加増された際に城を拡張したと言われている。城には石垣が用いられていることが特徴で、また城の北西側には竪堀が連続する畝状竪堀が見られる。

足助城

足助城

足助城は足助の街を見下ろす真弓山の山上に築かれた城である。築城したのは西三河の山間部に勢力を張っていた鈴木氏と言われる。鈴木氏は三河の松平氏、駿河の今川氏、甲斐の武田氏から度々侵略されるが、最終的には徳川家康の家臣となった。

田峯城

田峯城

田峯菅沼氏の本拠城で、寒狭川を見下ろす台地上に位置する。定忠の代には甲斐の武田氏に従っていたが、長篠の合戦で敗れ、その間に一族が裏切り城を占拠した。定忠は武田氏滅亡時に討ち死にし、菅沼家は断絶、田峯城も廃城された。

長篠城

長篠城

日本百名城。長篠城は寒狭川と宇連川の合流地点に築かれた城。今川義元の死後は徳川家康の支配下にあった。天正3年には武田氏に城を包囲され、徳川・織田の連合軍が長篠城救援へ向かい、武田軍と衝突したのが長篠の戦いである。

サイトトップ >> 三河国

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集