郡上八幡城 山麓 | 日本の城写真集

郡上八幡城 山麓 | 日本の城写真集

  • 郡上八幡城 山麓 山内一豊と妻の像。一豊の妻は郡上八幡出身(遠藤盛数の娘)との説があり、この銅像が建つ。一豊は妻の支えもあって、江戸幕府が開かれると土佐一国を治める大名に立身したと言う。
  • 郡上八幡城 山麓 山内一豊の妻 千代と郡上
  • 郡上八幡城 山麓 城に登る途中に石垣が見える
  • 郡上八幡城 山麓 凌霜の森。江戸幕府終焉の際に、郡上藩は勤王派となったが、藩士から旧幕府側に建つものが現れた。彼らは凌霜隊と称し会津にて新政府軍と戦った。
郡上八幡城写真撮影スポット紹介

山内一豊と妻の像が設置されている。一豊の妻は郡上八幡出身(遠藤盛数の娘)との説があり、この銅像が建つ。一豊は妻の支えもあって、江戸幕府が開かれると土佐一国を治める大名に立身したと言う。

写真

山内一豊と妻の像。一豊の妻は郡上八幡出身(遠藤盛数の娘)との説があり、この銅像が建つ。一豊は妻の支えもあって、江戸幕府が開かれると土佐一国を治める大名に立身したと言う。

山内一豊と妻の像。一豊の妻は郡上八幡出身(遠藤盛数の娘)との説があり、この銅像が建つ。一豊は妻の支えもあって、江戸幕府が開かれると土佐一国を治める大名に立身したと言う。

山内一豊の妻 千代と郡上

山内一豊の妻 千代と郡上

城に登る途中に石垣が見える

城に登る途中に石垣が見える

凌霜の森。江戸幕府終焉の際に、郡上藩は勤王派となったが、藩士から旧幕府側に建つものが現れた。彼らは凌霜隊と称し会津にて新政府軍と戦った。

凌霜の森。江戸幕府終焉の際に、郡上藩は勤王派となったが、藩士から旧幕府側に建つものが現れた。彼らは凌霜隊と称し会津にて新政府軍と戦った。

郡上八幡城が載っている本

続日本100名城公式ガイドブック 公益財団法人 日本城郭協会 監修

続日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

岐阜の山城ベスト50を歩く

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top