彦根城 楽々園 | 日本の城写真集

彦根城 楽々園 | 日本の城写真集

  • 彦根城 楽々園 楽々園・玄宮園外側
  • 彦根城 楽々園 楽々園玄関。楽々園は藩主の下屋敷で、1679年に完成したもの。黒門外屋敷とも呼ばれた。現在は埋め立てられたが、かつては松原内湖に面し、雄大な景色が楽しめたと言う。
  • 彦根城 楽々園 楽々園の御書院
  • 彦根城 楽々園 御書院内のようす
  • 彦根城 楽々園 楽々園の地震の間。御茶座敷とも呼ばれる。地震の際に逃げ込むために作られた部屋で、日常は御茶座敷として使われた。地盤は強固に岩組みされ、柱は地面に固定されず、屋根も軽いこけら葺きなど、数々の工夫が見られるとのこと。
  • 彦根城 楽々園 御書院
彦根城写真撮影スポット紹介

楽々園は藩主の下屋敷で、1679年に完成したもの。黒門外屋敷とも呼ばれた。現在は埋め立てられたが、かつては松原内湖に面し、雄大な景色が楽しめたと言う。

写真

楽々園・玄宮園外側

楽々園・玄宮園外側

楽々園玄関。楽々園は藩主の下屋敷で、1679年に完成したもの。黒門外屋敷とも呼ばれた。現在は埋め立てられたが、かつては松原内湖に面し、雄大な景色が楽しめたと言う。

楽々園玄関。楽々園は藩主の下屋敷で、1679年に完成したもの。黒門外屋敷とも呼ばれた。現在は埋め立てられたが、かつては松原内湖に面し、雄大な景色が楽しめたと言う。

楽々園の御書院

楽々園の御書院

御書院内のようす

御書院内のようす

楽々園の地震の間。御茶座敷とも呼ばれる。地震の際に逃げ込むために作られた部屋で、日常は御茶座敷として使われた。地盤は強固に岩組みされ、柱は地面に固定されず、屋根も軽いこけら葺きなど、数々の工夫が見られるとのこと。

楽々園の地震の間。御茶座敷とも呼ばれる。地震の際に逃げ込むために作られた部屋で、日常は御茶座敷として使われた。地盤は強固に岩組みされ、柱は地面に固定されず、屋根も軽いこけら葺きなど、数々の工夫が見られるとのこと。

御書院

御書院

彦根城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編

近江の山城ベスト50を歩く

司馬遼太郎と城を歩く

日本100名城めぐりの旅

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

おすすめの本一覧へ
Page Top